スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「クラバート 闇の魔法学校」

Krabat 2008年


クラバート 闇の魔法学校 [DVD]クラバート 闇の魔法学校 [DVD]
(2010/07/02)
デヴィッド・クロス、ダニエル・ブリュール 他

商品詳細を見る

 

監督 マルコ・クロイツバイトナー

出演 
デヴィッド・クロス 
ダニエル・ブリュール 
クリスチャン・レドル 
パウラ・カレンベルク 
ハンノ・コフラー
トム・ヴラシア

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
西暦1646年。ドイツは30年戦争中だった。
1月6日の公現節の少し前、14歳のクラバートは友人と共に東方の三博士の格好で村を巡り食べ物を恵んでもらっていた。
その途中、彼はカラスに導かれるようにある建物に行った。そこは、黒魔術を習得する場所で、他にも若者がいた。偶然にも空きが出来ている状態で彼はそこへ新人として住み着く事になる。
ある日、仲間の一人、トンダと共に近くの村に行ったクラバートは、可愛い女の子に恋をする。だが、それは絶対に親方に知られてはならないと言うのだ。なぜなら、彼女も自分も親方に殺されてしまうからだと忠告されるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
SFともファンタジーともちょっと違う感じの、時代作品。

黒魔術ってなんぞや?という感じは、最後までぬぐえないが、それなりに面白かった。

注目すべきは、これからのドイツを担うであろう、主人公クラバートを演じた、デヴィッド・クロス。
「愛を読むひと」で注目された若手俳優君。今後の活躍が期待されるぞ。
そして、ちょっとベテランになった、ダニエル・ブリュール。この時も、先輩のトンダを大人の感じで演じていたっけ。「ボーン・アルティメイタム」に少しだけ出演していたりする、彼。
ドイツ映画好きの人は「グッバイ!レーニン」でお馴染みだと思う。
ファンタジーっぽいのにダークっぽいのは、ドイツならではかな?(^_^;)

ドイツ映画祭で上映され、のちに公開までには行かなかったが、DVD発売されたこの作品。
映画祭のみという作品が多い中、一般にも見れるようになって良かったよ。
もしかして、それって、「愛を~」のお陰?(@_@)
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。