スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「U-864 日本を目差したUボート」

Am Ende die Hoffnung  2011年 スペシャルドラマ(Sat.1)


U-864 (日本を目指したUボート) [DVD]U-864 (日本を目指したUボート) [DVD]
(2012/06/06)
イボンヌ・カッターフェルト、マクシミリアン・フォン・プーフェンドルフ 他

商品詳細を見る


監督 トーステン・ネーター

出演 
イボンヌ・カッターフェルト 
シュテファン・ルカ
マクシミリアン(マックス)・フォン・プーフェンドルフ 
ローズマリー・フェンデル

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ノルウェイ沖で漁師がある物を引き上げた。それは、ドイツの潜水艦にあったものだった。
ドイツ、ベルリン。
タクシー運転手のカティは、指名のお客様を乗せるよう会社から連絡を受けた。その場所へ行くと、祖母のエレンが待っていた。今から、ノルウェイのオスロまで乗せて行けというのだ。
文句を言いながらもその場所へ向かうカティ。後部座席に乗り込んだエレンは、ふと指輪を見つめる。
第2次世界大戦下。
エレンはレジスタンス活動中に仲間を射殺され、逃げ惑う所をドイツ人の医師ロバートに助けてもらっていた。実は彼の本当の姿は英国のスパイだった。その為、彼女は彼からある人物に近づき情報を得るよう指示される。その人物とは、日本へ向かうU-864潜水艦に関わっているハンスという海軍将校の事だった。
ハンスと引き合わされたエレンは、驚きを隠せなかった。何故なら、以前、食料を求め、闇市を歩き回っている時に出会った人物だったからだ。
ハンスもエレンの事を覚えていた為、2人は急接近する。そして、エレンはハンスの美しい心に触れて・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
孫娘と祖母のロードムービーでありながら、第2次世界大戦中の悲恋を描いたこの作品。

注目すべきは、ハンスを演じた、マクシミリアン(マックス)・フォン・プーフェンドルフなのだ!

紳士的で貴族的なハンスなのだが、実は両親を早くに亡くした苦労人というのがすっごく彼の容姿と雰囲気に合っていたのだ。

久々に少女漫画の世界を見た感じ。そんな恋愛物語が好きな方はどうぞ♪
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。