スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「エネミーズ・ゾーン」

Waffenstillstand  2009年 


エネミーズ・ゾーン [DVD]エネミーズ・ゾーン [DVD]
(2010/09/03)
マックス・フォン・ヒューフェンドルフ、テクラ・ルーテン 他

商品詳細を見る


監督 ランスロ・フォン・ナッソ

出演 
マクシミリアン・フォン・プーフェンドルフ 
ラクラ・ルーテン 
ハンネス・イーニッケ 
マティアス・ハービッヒ 
フサム・チャダット

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
2003年4月。バクダッドは陥落した。
だが、3日後に米軍がファルージャにてデモ隊に発砲した事から数ヵ月はスンニ派が支配していた。2004年3月31日。4人もの米国の民間人が殺され見せしめに橋から遺体をぶら下げられた。
世界中にその映像は流れ、4月4日に米軍は掃討作戦を開始した。
2004年4月9日。バグダット。
ファルージャから急患を連れて来た医師アラントは、必死な治療もむなしく患者を死なせてしまう。
一緒に治療にあたっていたキムは、24時間の停戦を聞き、ファルージャの野戦病院へ医療器具や薬品を運ぼうと試みる。
一方、ジャーナリストのオリバーは、24時間停戦を聞きつけ、カメラマンのラルフを連れてキムの車に便乗し現地レポートを強行する。
そして、検問所で止められ、キムが許可をもらってない事が判明。
この先からファルージャの野戦病院までの、往復の道のりは米軍の援護が得られないと言われてしまう。
それでも、医薬品を運ぼうとした面々は・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
内戦後の街の様子。現地のテロリストにとって、何処の国の何者というのは関係ないとつくづく思える作品。
停戦というのも、あるようでないものらしい・・・。

注目すべきは、あたりの風景。すっごくリアルだった。

そして、むちゃくちゃ考えさせられる作品だったよ。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。