スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「小さなバイキング ビッケ」

Wickie und die starken Männer 2009年 


小さなバイキング ビッケ [DVD]小さなバイキング ビッケ [DVD]
(2012/12/05)
ヨナス・ハンメルレ、ワルデマー・コブス 他

商品詳細を見る


監督 ミヒャエル・ブリー・ヘルビヒ

出演 
ヨナス・ハンメルレ 
ワルデマ・コブス 
ニック・ロンム 
クリスティアン・コッホ 
ユルゲン・フォーゲル
ハンナー・ヘルツシュプルング
ノラ・チルナー

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
森でオオカミに追いかけられながらも何とかチッチの人形を取り返したビッケ。
1095年、北の国にはバイキングが住んでいた。
ビッケの父親はバイキングのリーダー、ハルバルなのだが、女の子と遊んでばかりで、オオカミも怖がってしまう息子が少し悩みだった。
そんなある日。
戦利品を持って帰宅したハルバル達が祝杯を挙げ、寝入っている翌朝。
ビッケがチッチの為に空を飛ぶ道具を考えついたその時、海から悪魔のような敵のバイキングが現れ、子供達をすべて連れ去ってしまった。
幸い、木に引っかかっていたビッケだけは無事だったのだが、ハルバル達は急いでその幽霊船に乗っているであろう、悪魔のバイキング達を追う為に船出した。
ビッケもチッチを救うために隠れて乗り込む事に。
そして、それらしき幽霊船に出会ったハルバル達は奇襲攻撃をしかけるのだが・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
70年代、日本のアニメで放送された、ビッケ。
実は、ドイツの放送局が企画を持ち込み、日本のアニメ制作会社で制作してもらったものだった。
昔大好きだったアニメなので、すっごく懐かしかった。

注目すべきは、そのアニメからまんま出てきた感じの俳優陣。

あのビッケのひらめいた!シーンは、必見ですぞ。

ただ、悲しいかな、英語吹き替えバージョン。

ドイツ語で見たかったなあ。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。