スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「白いリボン」

Das weiße Band - Eine deutsche Kindergeschichte 2009年 ドイツ・オーストリア・フランス・イタリア


白いリボン [DVD]白いリボン [DVD]
(2011/06/25)
クリスチャン・フリーデル、レオニー・ベネシュ 他

商品詳細を見る


監督 ミヒャエル・ハネケ

出演 
クリスティアン・フリーデル 
レオニー・ベネシュ 
ウルリッヒ・トゥクール 
フィオン・ムーテント

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ふと昔のあの時の事を思い出す男。
「すべてを話しておくべきだ。」
彼は若いとき、北ドイツの小さな村に教師として勤務していた。
ある日。村で唯一の医師が落馬事故に遭い重傷を負った。何者かが彼の帰宅路に針金を仕掛けたのだ。
その後、小作人の妻が作業場で死亡。小作人の雇い主の男爵の息子が行方不明になり、数日後、お尻をたたかれ木に逆さ吊りにされているのを発見された。
村には異様な雰囲気が漂うようになる。
そんな中、牧師は夕飯に遅れてきた娘と息子に白いリボンをつけさせる。それは純真無垢を取り戻すという意味があった。
一方、教師は男爵家の双子を世話していたベビーシッターが気になっていた。あの事件依頼、男爵の妻は子供をつれて出て行ってしまっていた。彼女は解雇され自分の田舎へと帰っていた。
教師は暇を見つけ彼女に会いに行くのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
賛否両論に分かれるこの作品。

個人的にはダメだった。( ̄。 ̄;)

何しろ、難しいのだ。
一人、一人、違う印象を与える珍しい作品なのではないだろうか?

気になる方はそれなりの覚悟の上でご観賞ください。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。