スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「暗い日曜日」

Gloomy Sunday - Ein Lied von Liebe und Tod 1999年 ドイツ・ハンガリー


暗い日曜日 [DVD]暗い日曜日 [DVD]
(2002/11/01)
エリカ・マロジャーン、ステファノ・ディオジニ 他

商品詳細を見る


監督 ロルフ・シューベル

出演 
エリカ・マロジャーン 
ステファノ・ディオニジ 
ヨアヒム・クロール
ベン・ベッカー 
セバスチャン・コッホ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
レストラン・サボーで、ハンス氏の80歳の誕生日会が開かれていた。だが、ありき日の女性の写真を見た彼は、その瞬間心臓発作で倒れてしまうのだった。
第二次世界大戦直前のハンガリー、ブタペスト。
レストラン・サボーの経営者ラズロは、恋人で一緒にレストランを切り盛りしているイロナと共に、店でピアノを弾いてくれるピアニストの面接をしていた。時間外に現れたアンディを採用したイロナ。
店の経営が上手くいく中、3人の微妙な関係が始まる。
そんな中、客の一人ドイツ人のハンスが、イロナにプロポーズをするも断られ、橋から川へ飛び降り自殺をした。ちょうどアンディがイロナとの関係を持った事を知ったラズロが、偶然その場に居合わせ、彼を川から助け出す。
そして、月日は流れ。
ハンスは、ドイツ軍上官となって、店に再び現れた。
一方、イロナの誕生日にアンディが贈った曲が注目され大ヒットするのだが・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
一人の女性に翻弄される3人の男性物語。

といえば、聞こえがいいが、男女の恋愛劇の中に戦争うんぬんが入ってくるのだ。

注目すべきは、ヨアヒム・クロール。
レストラン経営者ラズロなのだが、すっごくいい人なのだ。

「暗い日曜日」という曲は実在していて、この時代、本当に曲を聴きながら、命を絶った人もいたそうです。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。