スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「キング・フォー・バーニング」

König der letzten Tage 1994年 スペシャルドラマ (ZDF)


キング・フォー・バーニング [DVD]キング・フォー・バーニング [DVD]
(2005/01/07)
クリストフ・ヴァルツ、マリオ・アドルフ 他

商品詳細を見る


監督 トム・トエレ

出演 
クリストファー・ヴァルツ 
マリオ・アドルフ 
オット-・ククラ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
1534年。
「我が教区の真珠」と呼ばれるミュンスターで異変が起こる。自らを予言者だと名乗る男が現れたのだ。その旨を伝えられた枢機卿は、初めは気にとめなかったが、だんだんとその者の勢いが増してくるのだった。
田舎の娼婦宿を経営していたヤンは、洗礼を受けた後、自らを予言者だと名乗り、ミュンスターへ乗り込んで来た。同じく、旅芸人のセバスチャンも、旅の途中で助けた女性と共にこの地へ来ていた。広場で予言者として演説しているヤンを見て驚くとともにあきれるセバスチャン。彼とは昔、芸人として組んでいたのだ。ヤンはセバスチャンを見かけ自分の家に招く。そして、予言者としての威厳を保つ仕掛けを考えてくれと頼まれるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
単発の連ドラを編集した作品のようだった。
なので、なんだか、つかめないまま終わってしまう。

それでも、
世の中に出てくる預言者うんぬんは、こういう事で始まるのかな?とも思えた。

この作品を題材に
「銀幕から読み解く歴史像 ―歴史映画と歴史コミュニケーション―」
という研究会があるそうだ。(詳しいサイトはこちら
他のドイツ作品も紹介されていて、まったくうらやましい限り。

こういうのって、
学生の時代にして欲しかったと思うのは、歴史の成績が悪かった自分だけかな?(゚▽゚*)
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。