スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アイアン・スカイ」

Iron Sky 2012年 フィンランド・ドイツ・オーストリア


アイアン・スカイ [DVD]アイアン・スカイ [DVD]
(2013/02/08)
ユリア・ディーツェ、ゲッツ・オットー 他

商品詳細を見る


監督 ティモ・ヴォレンソラ

出演 
ユリア・ディーツェ 
ゲッツ・オットー 
クリストファー・カービィ 
ペータ・サージェント 
ウド・キア

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
アメリカのリバティ号は月面へ着陸した。サンダース船長は周辺を調査し何者かに殺される。
月面青年団伍長、レナーテ・リヒターは、本日も偉大なるナチスの精神を教えていた。そこへ、地球からきた宇宙飛行士ジェームズの通訳として呼び出される。
捕虜となった彼は、黒人から白人に変えられ、地球のガイドとして、アドラーとレナーテを連れて帰還する。
それから、3ヶ月後。
レナーテは、後に攻めてくるであろうナチスの仲間を止めようと街で見かけたジェームズと共に、奮闘する。そんな中、アドラーは、総統の命令を無視し、自らが総統になろうと企むのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
「スター・トレック」のパロディ作品「スターレック 皇帝の侵略」で世界中のSFファンにその名を知らしめたフィンランドの奇才ティモ・ヴオレンソラ監督だそうで。(^_^;)
この監督が好きな人はついて行けそうな感じのコメディ。
個人的にはついていけず、だから何?と言いたくなった作品。

マニアックすぎてついて行けなかったのでした。( ̄。 ̄;)
(マニアが何を言う~。)
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。