スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「バルティック・ストーム」

Baltic Storm 2003年 ドイツ・イギリス

11027640_det.jpg


監督 リューベン・レダー

出演 
グレタ・スカッキ 
ユルゲン・ブロフノウ 
ドナルド・サザーランド 
デューレ・リーフェンシュタイン

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ベルリンの壁も崩壊し、ソ連もなくなった。
(これは、真実ではない)
1994年、エストニア号。
息子と共に、乗船した弁護士のウェスターマークは、バーで不信な男達に声をかけられる。ある人物を探しているというのだ。一緒にいたバーテンが彼らの去った後で、きっとKGB(ソビエト連邦、国家保安員)に違いないと告げた。
その後、船は大きな爆発音と共に揺れだし、沈没した。
一方、元KGBだという男から、エストニア号が国家機密に関わる何かを運んでいるとの情報を得たTVリポーターのジュリアは、乗船しようと港に行くが、すでに出港した後だった。
そして、事故に遭った乗客が運び込まれた病院で、ウェスターマークに出会いインタビューするも、その映像は放送出来なかった。
それから、3ヶ月後。
事故報告会で、ウェスターマークは、自分の調べた事実と違う事を指摘する。何かを隠している政府と事故調査員。
ジュリアは、もう一度ウェスターマークに声をかけるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
真実ではない!と公言されるが、
「本当はそうなんじゃないの?」と思わせるほど、現実味がある物語。

なんか裏工作してそうだよね、鶴の一声のような、某お国様はさ。( ̄。 ̄;)


関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。