スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ブラック・セプテンバー ~ミュンヘンオリンピック事件の真実~」

München 72 - Das Attentat 2012年 スペシャルドラマ(ZDF)


ブラック・セプテンバー~ミュンヘンオリンピック事件の真実~ [DVD]ブラック・セプテンバー~ミュンヘンオリンピック事件の真実~ [DVD]
(2013/05/03)
ベルナデッテ・ヘールワーゲン

商品詳細を見る


監督 ドロール・ザハヴィ

出演 
ハイノ・フェルヒ 
ベルナデット・ヘアヴァーゲン 
フェリックス・クラーレ 
ベンヤミン・サドラー 

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー) 
警察官のアナ・ギャバースは、上司に呼び出され、ミュンヘンオリンピック選手村の警備の任務を命じられた。
一方、フェンシングを指導しているアンドレ・スピッツァーは、イスラエル選手団のコーチとして、オリンピックに参加することになった。
そんな時、署長を中心に警察の上層部はあらゆる状況下に対処出来るようオリンピック警備の話し合いをしていた。だがゲリラ事件が起こるのでは?という提案には、殆ど誰も耳を傾けなかった。
そして、オリンピックが開幕した数日後。
パレスチナ人が早朝、選手村のフェンスを乗り越え潜入、イスラエル人選手を人質に立てこもり事件を起こす。
犯人達との交渉の窓口に名乗り出たのは、警察官のアナ。
彼らは、選手の命と引き替えに、イスラエルで拘束されている仲間のパレスチナ人を解放するようにとの要求を出してきた。
当初は安易に集結出来ると思っていた署長達だったが・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
この事件の後を描いたのは、スティーブン・スピルバーグ監督の「ミュンヘン」
事件の始まりから終わりまでを描いたのはこの作品。

もう、2度とこういう事件は起こして欲しくないものだ。

それにしても、甘すぎた警察。 

もう少し慎重に事を運んでいたならば・・・。(>_<)

関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。