スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ソウル・キッチン」

Soul Kitchen  2009年


ソウル・キッチン [DVD]ソウル・キッチン [DVD]
(2011/08/26)
アダム・ボウスドウコス、モーリッツ・ブライプトロイ 他

商品詳細を見る


 
監督 ファティ・アキン(ファーティフ・アクン←トルコ語読み)

出演 
アダム・ボウスドウコス 
モーリッツ・ブレイブトロイ
ピロル・ユーネル 
アンナ・ベデルケ
ヴォータン・ヴィルケ・メーリング
モニカ・ブレイブトロイ
トーベン・カストゥンス

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ハンブルグで「Soul Kitchen」という名のレストランを一人で切り盛りしているジノス。
彼の恋人ナディーンが仕事で上海へ出張してしまうことに心を痛めていた。どうにか自分も一緒に行きたいが、レストランが心配。
そんな中、刑務所に入っていた兄イリアスが仮出所で来て、かたちばかりの雇い主になってくれと頼まれる。
さらに、古い食器洗い器を動かそうとしてぎっくり腰になってしまった。歩くのもやっとのジノス。
仕方なく、代わりのシェフを捜すのだが・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら)

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
最高のハートフルコメディ。
ファティ・アキン監督は、自分も好きな監督さんの一人。
じっくりシリアスな映画も撮れれば、こんな感じのほんわかコメディも撮れる才能豊かな監督さんなのだ。
トルコ移民2世で、彼はよくイスタンブールとドイツを舞台にする。
他にも良い作品があるので、おいおい紹介していく事に。

注目すべきは、やっぱり作品全体の雰囲気。
笑って泣けるそんなエンターテイメントな感じがすっごく好きなのだ。
さらに、キーパーソンの兄ちゃんイリアス役のモーリッツ君。

それに、主人公ジノスを演じたアダム・ボウスドウコス。アダムさんは、実物もすっごく素敵な俳優さんでした。
映画祭での様子はこちら

忘れてならないのが、雇って来たシェフ、シェイン役のピロル・ユーネル。もう、最高!!

遺作となってしまった、モーリッツ君のママ、モニカさん。
ナディーンの祖母役だったが、すっごく素敵な感じでした。

絶対見るべき作品!
あまりアクが強くないから、ドイツ映画初心者でも充分楽しめますよ。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。