スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「レッド・バロン」

Der rote Baron 2008年 ドイツ・イギリス


レッド・バロン [DVD]レッド・バロン [DVD]
(2011/12/02)
マティアス・シュヴァイクホーファー、ティル・シュヴァイガー 他

商品詳細を見る



監督 ニコライ・ミュラーション

出演
マティアス・シュヴァイクホファー 
ティル・シュヴァイガー 
レナ・ヘディ 
ジョセフ・ファインズ
フォルカー・ブルッフ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ライフルを構え、鹿を狙う少年の頭上を飛行機が飛んでいく。
そして、10年後。
第一次世界大戦下のフランス北部。連合軍の葬儀上空にドイツ軍の飛行機が現れ、棺に花輪を落として行った。
ドイツ軍パイロット、マンフレート・フォン・リヒトホーフェンは、ドイツ軍前線飛行場に着く途中で敵機に合い打ち落として来たのだが、上司からはその行動をこっぴどくしかられてしまう。
そして、彼は撃ち落とした敵機のパイロットを助けるべく現場に戻り、救出。同じく助けに来た野戦病院の看護師ケイトにそのパイロットを預け立ち去った。
その後、彼は、戦う度に勝利し、「レッド・バロン(赤い男爵)」と呼ばれ、敵からは恐れられ、味方からはヒーロー扱いされた。
だが本人はその様子に戸惑うばかりだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
卑劣な戦争の中で、飛行機は撃ち落としても、パイロットの命までは奪わないという、彼の騎士道がかっこいい。
そして、勝つ為には、敵の技術も盗んじゃう、ティル君が演じたパイロットもいいなあ~と思ったのだ。

作品的にはいいと思うが、何せ日本公開まで待たされた。(^_^;)
個人的にそこがネックだったなあ~。(作品と関係なくて、すみません)
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。