スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ポイズン」

Poison 1999年 カナダ・ドイツ・アメリカ


ポイズン [DVD]ポイズン [DVD]
(2001/06/22)
ロザンナ・アークエット、マンディ・シェファー 他

商品詳細を見る


監督 デニス・ベリー

出演 
ロザンナ・アークエット 
マンディ・シェイファー 
ユルゲン・プロフノウ 
トーマス・クレッチマン 

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ボートの船着き場で絵を描いている女性。それを見つめる一人の少女。
絵を描いていたコリンズ先生は、突然生徒のトレイシーから声を掛けられ戸惑ってしまった。
さらに、彼女は、海へ飛び込み溺れ始める。
先生は夢中で彼女を助け出し事なきを得るのだが・・・。
一方、元女優のラズロは、夫殺しの罪で3年間服役し、今日やっと出所してきていた。
久しぶりに娘のトレイシーに会える事を楽しみに。
そして、トレイシーもまた、母と二人きりの生活が始まるのだと喜んでいた。
だが、ラズロは、生活をしていく為に、ワイン農園のワイナリーをカールという男性と共同経営すると言いだし、彼女が服役する前に雇っていたお手伝いを住み込みで呼び戻すという。
そこへ、カールの弟ジョニーが久しぶりにやってきた。
ジョニーは、トレイシーの行動に不審を抱くようになる。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
ドイツ作品は、探せば意外と日本版にはなっているのだが、90年代の作品は、ビデオはあるものの、DVD化になっているのが少ない。
これも半ばあきらめていたら、あることが分かり、早速借りて見てみた。

一人の人物の愛を独り占めしたい!という事だろう。曲がった愛情の行き着く先とも言うべきか。
それが、血の繋がった人物ってのがどうもなあ~。(-_-;)
どんな育て方をすれば、あんな自己中心的で凶暴になるんだか。( ̄。 ̄;)

注目は、ユルゲン・プロフノウとトーマス・クレッチマンが演じた兄弟。
意外と切れ者でした。

こういう作品にはつきものの、見終わった後、すっきりしない系統なので、
すっきり感が要らない方は、是非に。

関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。