スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀」

Hindenburg 2011年 スペシャルドラマ(RTL)


ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀 [DVD]ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀 [DVD]
(2013/08/09)
マクシミリアン・ジモニシェック、ローレン・リー・スミス 他

商品詳細を見る


監督 フィリップ・ガデルバッハ

出演 
マキシミリアン・ジモニシェック 
ローレン・リー・スミス 
グレタ・スカッキ 
ハイナ・ラウターバッハ 
クリスティーネ・パウル 
アンドレアス・ピーチュマン
ヴォータン・ヴィルケ・メーリング

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ヒンデンブルグ号が、着陸寸前に炎上!! 地上でも上空でも逃げ惑う人々・・・。
4日前。
グライダーを操縦していたマーティンは、鳥と接触しコントロールを失って湖へと墜落した。
偶然、来ていたアメリカ人の女性に助けてもらったマーティンは、その場で今晩出席するパーティーに誘った。だが、彼女には先約があった。
アメリカ領事館で行われたパーティーにツェッペリン飛行船会社が誇るヒンデンブルグ号の設計技師として出席していたマーティンは、そこで、助けて貰った女性ジェニファーと再会する。
彼女はアメリカの石油業者の娘で、すでにF・リッテンベルグという婚約者もいた。それでも、彼女を諦めきれないマーティン。
そんな中、ジェニファーの父が倒れたとの知らせを受け、急遽母親と共にヒンデンブルグ号へ乗って帰国する事になった、彼女。だが、マーティンは上司からこの母娘を乗せないようにと支持を受ける。
その事を彼女に伝えようと婚約者に声を掛けると、突然マーティンに襲いかかり、「爆弾がある」という言葉を残し死んでしまった。
マーティンは、爆弾を探す為、密かにヒンデンブルグ号へ乗り込むのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
ハリウッド映画にも引けを取らないおもしろさ。

注目すべきは、主人公のマーティンを演じたマキシミリアン・ジモニシェック。
なんと!コブラ11を見た人なら分かるが、エンゲルハート隊長を演じたシャルロット・シュヴァーブの息子さん!!
今後の活躍が期待出来そうな俳優ですぞ。(*^^)v
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。