スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ギルティ」

Die Rückkehr des Tanzlehrers 2004年 ドイツ・オーストリア スペシャルドラマ(ORF)


ギルティ [DVD]ギルティ [DVD]
(2005/12/02)
マクシミリアン・シェル、トビアス・モレッティ 他

商品詳細を見る


監督 ウルズ・エッガー

出演 
マクシミリアン・シェル 
ヴェロニカ・フェレ 
トビアス・モレッティ 
マシュー・マーシュ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
森の中の一軒家。
夜、老人は人形と躍っていた。すると、湖から何者かが現れ、中の様子を窺う。
朝になり、その家へお手伝いがやってくる。
刑事のステファンは、久しぶりに、署へ出勤していた。
みんなが心配してくれる中、モリーンという人物から連絡があったと告げられ、すぐさま彼に連絡を入れた。すると、電話口に出たのは、ジョセッペと名乗る刑事だった。
モリーンは殺されたというのだ。
ステファンは元相棒の死を解明する為に、現場へと向かう。
すると、ジョセッペ刑事から、彼には、ヨネスという本名があったと聞かされる。そこへ、疎遠だったという娘のヘロニカもやって来た。
知らなかった相棒の一面を知り戸惑う、ステファン。
そんな中、何かを知っているであろう隣人が死亡してしまうのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
尻切れトンボのような結末。
その先を知りたいような、知りたくないような?

吹き替えがあったら、そちらで観賞する事をお薦めする。
字幕派の自分は、字幕で見たが、なんだかわかりにくかったから。
とはいえ、吹き替えあったかな?(^◇^;)
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。