スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「TEN(テン)」

Das jüngste Gericht 2007年 オーストリア・ミニシリーズドラマ(RTL・ORF)

tobias-moretti-s-tv-thriller-das-gericht-13-14-april-orf-201241_i.jpg


監督 ウルズ・エッガー

出演 
トビアス・モレッティ 
ジルク・ホーデンベンガー 
クリストフ・ヴァルツ 
スティーブン・バーコフ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
第1章
何かを呟きながら、手を洗い、地下室から出て行く男。
コンテナ倉庫のある港。チームと共に、見張っている刑事のペーターズ。だが、そこへ、犯人の車を追って同僚のドルンが現れる。あっさり逮捕し、密入国者がいるコンテナのありかを聞き出し、あっけなく事件は解決。ドルンは、後をペーターズに任せ、息子の通う学校へ行く。だが、もう展示は終了し、息子はそれでも来てくれただけで嬉しいと言ってくれた。そんな中、地下室から娼婦の死体が発見される。その後も次々と不信な殺人事件が起こり、新人のフェーバーは、何か宗教的な儀式ではないかと推理するのだった。
第2章
息子が犠牲者の一人となった事で、事件の担当を外されてしまった、ドルン。それでも、独自の捜査は続けていた。しかし、同僚までも犠牲者になってしまう。
そんな中、ドルンは、息子の描いた漫画が本になると、息子が尊敬していた作家から聞かされ手渡される。読んでいくと、今追っている事件と似ているものだった。その話の根源は自分の父親だとわかり、疎遠だった父親の過去を探りはじめるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
宗教を頑なに守るものが出来る事。だから、好きになれないんだよ。
とはいえ、
謎解きは面白かった。先読み出来なかったから。

レンタルなどの表紙は、ヴァルツさんだが、ヴァルツさん目当てに見ると、拍子抜けすると思う。(~_~;)

そこらへん、配給会社の策略なので、気をつけて下さい。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。