スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「囚われのサーカス」

Ein Leben für ein Leben - Adam Resurrected 2008年 ドイツ・イスラエル 


囚われのサーカス [DVD]囚われのサーカス [DVD]
(2013/11/02)
ジェフ・ゴールドブラム、ウィレム・デフォー 他

商品詳細を見る


監督 ポール・シュレイダー

出演 
ジェフ・ゴールドラム 
ウィリアム・デフォー 
ヨアヒム・クロール 
ハンナ・ラズロ 
モーリッツ・ブレイブトロイ  

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
1961年、テルアビブ。
ルース・エデルソンの下宿屋で、ルースが、男に「許して。」と謝った。
そして、警察が押し入り、男は逮捕され、アメリカの慈善家レベッカ・サイズリンの作った研究所へと戻された。
そこは、砂漠の真ん中に位置し、ナチスの収容所から生還したユダヤ人の治療施設になっていた。男の名はアダム。
彼も施設の患者なのだが、何故か他の患者の治療にも手助けをしていたのだった。
1926年、ベルリン。
アダムは、手品師として人気のショーを毎夜繰り広げていた。
ある日、一人の男性客に現れ、アダムはその客を人前でからかうようなパフォーマンスを行った。
後にその男クレインは、ナチスの軍人として、ユダヤ人のアダムの前に現れる。飼い犬と同じように、アダムを扱うクレイン。家族の命の為にそれに従う、アダム。
終戦後、彼が残した財産で金持ちになったアダムは、娘が生きていると聞いて探しにいくのだが・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
見ていて辛くなる作品。

戦争の傷跡というか、後遺症というか・・・。
相変わらず、ナチスはむごい事をしてきたよ。

注目は、ラスト20分に出てくる、モーリッツ君。
出演2分のイスラエル人役。(^_^;) 
何故に出演オファーきたのかな?
受ける君も凄いわ。

関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。