スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「コッホ先生と僕らの革命」

Der ganz große Traum  2011年 


コッホ先生と僕らの革命 [DVD]コッホ先生と僕らの革命 [DVD]
(2014/01/10)
ダニエル・ブリュール、ブルクハルト・クラウスナー 他

商品詳細を見る


監督 セバスチャン・グロブラー

主演 
ダニエル・ブリュール 
ブルクハルト・クラウスナー 
ユストゥス・フォン・ドナーニー
ミラン・ペシェル
テオ・トレプス

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
対フランス戦で勝利したドイツは、1871年に巨大なドイツ帝国を設立した。
1874年、ブラウンシュヴァイク。
馬車に乗り一人の男性が、名門カタリネウム校に来る。反英精神がドイツ国内で高まる中、イギリス留学していた、コンラート・コッホが、英語教師として呼ばれたのだ。
第4学年の担任になったコッホは、差別と独裁的な教育方針に戸惑いを感じていた。
そんな中、彼が思いついた英語の授業は、サッカーを通じて言葉を覚える事。
イギリス人の友人から貰ったボールで生徒達にルールと共にサッカー技術も教え始めるコッホ。
子供達はたちまち夢中になるが、そのボールが職員に当たってしまった事で、学校内ですることを禁止されてしまうのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
ただ今、W杯開催中で、ドイツが決勝トーナメント進出を決めた記念にという事で。

ドイツに英国発祥のサッカーを伝えた人物。
ドイツでサッカーの父と呼ばれる人物のお話。

新しい文化を取り入れる事は、容易ではなかったはず。そんな彼の苦悩の努力が分かります。

注目すべきは、主人公を演じる、ダニエル・ブリュール。
バイリンガルな彼だからこそ、すんなり見れました。
これは、久々にお薦めの作品です。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。