スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「クロッシングライン ~ヨーロッパ特別捜査チーム~ ハイウェイ捕食者」

Crossing Lines 2013年 フランス・ドイツ・アメリカTVシリーズ

imagesSTV3EI71.jpg


Season1 Episode4 原題「Long-Haul Predators」(直訳:長距離捕食者)」(2013.11.23放送)

概要(AXNミステリーより引用)
ヨーロッパの国境を越え、凶悪犯罪に挑む特別捜査チーム。
メンバーは、元パリの司法警察中央局の警部だったルイ(マルク・ラヴォワーヌ)がユーロ圏から集めた精鋭陣達。
ハイテク捜査の第一人者、ドイツ人のセバスチャン(トム・ヴラシア)。
尋問のスペシャリスト、イギリス人のシエナ(ジュネヴィーヴ・オライリー)。
武器と戦術が専門のアイルランド人、トミー(リチャード・フラッド)。
マフィア対策に精通するイタリア人、エヴァ(ガブリエラ・ペシオン)。
犯罪分析と密輸関係に詳しいフランス人、アンヌ=マリー(ムーン・デイリー)。
そして、
ルイは彼らに加え、元NY市警で卓越した捜査能力と、鋭い観察眼を持つヒックマン(ウィリアム・フィクナー)を迎える。

ゲスト 
クリスチャン・オリバー 
ペティーナ・ツイママン 
フロレンティーナ・ラーメ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
子供を連れた夫婦の車に赤毛の女性が近づく。乗せて欲しいと言われるが、夫はその容姿から不信を抱き乗せずに走り去った。
しかし、車が途中で故障してしまい、途方に暮れていると、あの赤毛を乗せた車が通りかかる。助けを求める夫婦だったが。
ドイツ、ベルリンの高速道路で赤毛の女性の死体が発見された。
ポーランドでは、置き去りにされた車から、死体の女性の赤毛が発見されDNAが一致した。
ヒックマンとセバスチャンは真冬のドイツへと向かう。
セバスチャンはそこで、かつての恋人で今は地元警察に勤めるカトリンと再会するのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
この回しか見てないが、現地へ行ったのだから、その現地の言葉を話して欲しかった。
世界共通は英語なのは、分かるが、せっかく舞台がヨーロッパなのだから。

その点以外は、まあまあな謎解きだった。

注目すべきは、久々に再会した、コブラ11のヤン事、クリスチャン・オリバー。
子持ちの役も上手でした。(*^^)v
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。