スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ラスト・グラディエーター」

Held der Gladiatoren 2003年 スペシャルドラマ(RTL)


ラスト・グラディエーター [DVD]ラスト・グラディエーター [DVD]
(2005/04/02)
ステファン・ホルナッグ、マリオン・ミッターハマー 他

商品詳細を見る


監督 ヨルゴ・パパヴァシリュー

出演 
シュテファン・ルカ 
ラルフ・モーラー 
マリオン・ミッターハマー 
ツゾルト・バクス

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
紀元83年。
ローマ帝国は栄華を極めその威勢はアフリカ、ゲルマニアへ及ぶ。
闘技場での試合は市民の娯楽で観衆が闘士の生者と死者を決めていた。
そして、ゲルマン民族の奴隷もたぶんにもれず、訓練所での訓練を重ね試合を待っていた。
プテオン、ナポリ湾の港町。
ゲルマン人のゲルマヌスは、兄と共に剣闘士として囚われの身だった。
彼は熊を倒した闘士ラゴスとの対戦相手にされ、戦うも一人では物足りなさを感じた観衆によってもう一人追加される。
それは、彼の兄だった。
ゲルマヌスは瀕死の重傷を負い、弟を庇った兄は死亡。
負傷したゲルマヌスは、何故かアルビナに買われアルプス北部の村へ連れてこられる。
そこで、妹と再会するゲルマヌスは、妹とは伏せて、剣闘士として雇ってくれと頼み込み承諾させた。
さらに、アルビナは、観衆によって殺されるはずのラコスまで買い付けてくるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
いつもながら、娯楽性が高いRTL社のドラマ。
単純な展開で、先読みが出来る。どうくるよね~という感じ。

戦いのシーンはちょっと痛そうだけど、頭を使わずに気楽に見れる1本です。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。