スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ディアボリーク 悪魔の刻印」

Der grosse Bagarozy 1999年 

ディアボリーク 悪魔の刻印_convert_20150429230205_convert_20150429230441


監督 ベルベルト・アイヒンガー

出演 
コリンナ・ハリフォース 
ティル・シュヴァイガー 
トーマス・ハインツ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
精神科医のコーラは若い青年ナギの担当となった。
彼は公園でマリア・カラスと出会い、自分は悪魔で神が彼女に興味を持っていると言い出す。
コーラはナギの治療を続けるうちに、彼に夢中になっていく。
夫とのすれちがいの中、楽しみは彼との診察時の会話。
だが、何故か彼はぴたりと診察に来なくなってしまう。
コーラはナギの住所を調べ、彼に会に行くのだが・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
日本版はビデオのみなので、ドイツ版を購入して観賞。
あらすじ等は、日本版を観賞した友人のブログで、感想を読んで、こんな感じだったかな?という想像で書いているが、そうは遠からず、近からずだと自負している。(^◇^;)

若くて可愛い、ティル君。美男子は、妖艶の雰囲気が似合う。
ついでに、邦題に似つかない、シュールなラブコメ。

あ~日本語字幕で見てみたわ~。
関連記事
スポンサーサイト
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。