FC2ブログ
「リリーと空飛ぶドラゴン Episode2 魔法の国マンドランと消えた王様 」
Hexe Lilli: Die Reise nach Mandolan 2011年 ドイツ・オーストリア・スペイン




監督 ハラルト・ジーヒュリッツ

出演 
アリーナ・フロイト 
タナイ・チェーダ 
ユルゲン・タラッハ 
アーニャ・クリング 

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
王国に不気味なカラスが飛び回っていた。
王様の住むお城の中では、主席大臣のグリマンが王様と王のイスに邪悪な魔法が掛けられた為、王様が座れず困っているとの手紙を書いていた。
そして、その手紙はリリーの元へと届けられる。
リリーは、魔法使いになれたものの、相変わらずわがままな弟の世話に困り果てていた。
そんな時、手紙を読み、へクターを呼び寄せる。
へクターは、隠居したスルルンダと暮らしていたが、リリーのお呼びだしという事で、彼女と共に手紙の差出人であるマンドラン王国へと旅だった。
リリーは、対応出来る魔法を準備して向かったが、到着すると何か様子がおかしいと勘づく。
案の序、1人の少年ムサが、王様は生きている、そいつは偽物だと叫んでいるではないか。
真相が分かるまで時間を稼ぐ事にしたリリーは、薬を作りたいと嘘をつき、無理難題の材料を集めるよう大臣に指示するのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)

ちょっとだけ大人になったリリー。
大人になった分、舞台が違う国へとなる。

相変わらずのファミリー向けのほのぼの作品だが、大人のずるがしこい策略をあばくのだ。(^◇^;)

それにしても、某お国にそっくりでしたなあ。
人力なのに、エンジン音?これが一番騙されたな。(爆)
関連記事
スポンサーサイト
[2015/05/27 09:17] | 家族 | コメント(0) | page top
<<「エリザベート~愛と哀しみの皇妃~ (前編)」 | ホーム | 「リリーと空飛ぶドラゴン Episode1 新しい魔法使いの誕生 」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |