スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「We Love Balls!」

Männer wie wir 2004年

We Love Balls !

監督 シェリー・ホーマン

出演 
マキシミリアン・ブリュックナー 
リサ・マリア・ポットホフ 
デヴィッド・ロット 
クリスチャン・ベルケル 
アンドレアス・シュミット

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
地元サッカーチーム「ボールド・ラップ」のゴールキーパー、エキー。
あと少しでチームがマイナーからメジャーに昇進するという大切なPK戦。惜しくも、ゴールを決められ、メジャーへの夢が消えてしまった。
チームエースのウドーにバカにされながらも、同じチームで友人のトビーに慰められ元気を取り戻したエキーは、思わずトビーにキスしてしまった!!
自分でもどうしてそんな行動を取ってしまったのか分からないまま、ウドーにゲイだと騒がれ頭に来たエキーはゲイチームを作りウドーに勝つと宣言してしまうのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら


勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
これは、ある意味掘り出し物。最高に面白かった!

なんたって、ゲイチーム(同性愛者だから、女性もいるんだよ)VSノーマル男性チームの対戦なのだから。(爆)
その中にも恋人とは?家族とは?なんて愛情物語が入っているから、素敵なのだ。

注目すべきは、チームメイトのハードゲイ、ルドルフを演じた、クリスチャン・ベルケル!!
いや~イメージがいいように崩れましたぞ。
ゲイのパパでゴメン。だけど頑張るよ!という息子へのメッセージが感動的だったなあ。


こんなサッカー映画もあるよって事で見るのも楽しいかもよ。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。