スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「コーヒーをめぐる冒険」

Oh Boy 2012年 




監督 ヤン・オーレ・ゲルスター

出演 
トム・シリング 
マルク・ホーゼーマン 
フリーデリッケ・ケンプター 
カタリーナ・シュットラー

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ベッドで目が覚めたニコ。
恋人には、今晩は無理だと追い出される。
とりあえず、自分の住まいに戻るが、上の階の住人から見張られている気がして落ち着かない。ふと、送られて来ていた封筒を目にし、取り上げられていた運転免許証を取りに行くが、まだ返せる状況ではないと判断され返してもらえなかった。
それでも、気分転換にとコーヒーでも飲もうと思い立つが、金が足りず、キャッシュカードで引き出そうとして、カードが機械に吸い込まれてしまった。その事を父親に言いに行くと、大学を辞めて2年も黙っていた事がばれていて、金は出せないとして、追い返されてしまった。
仕方なく、責めて1杯のコーヒーでもと、巡りに巡ってあるバーへたどり着いたニコ。
そこで、見知らぬ老人から話しかけられ、聞きたくもない昔話を聞かされるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)

悩める現代の若者象という事だろう。
ニコから見える世間はこんな風に、色がない世界なんだろうなあ~と。

しかし、親目線で見てると、辛い。
こういう若者は、どうしたらよかんべねえ。( ̄。 ̄;)
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。