スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「犯罪~ドイツの奇妙な事件」 第1話「フェーナー氏(原題「Fähner」)」

Ferdinand von Schirach Verbrechen 2013年 ドラマスペシャル(ZDF)

犯罪 ドイツの奇妙な事件DVD 洒落あい用


監督 Hannu Salonen 

脚本 André Georgi

出演 
ヨーゼフ・ビアビッヒラー 
エドガー・ゼルゲ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー) 
ロットヴァイル市。男がオノで女を殺した。血を洗い流し、着ていた服も着替えた。
フリートヘルム・フェナー、72歳。元開業医。犯罪歴なし。
彼は、警察に電話をし窓口に出た人にこう告げた。「イングリットをバラバラにしました。」
レオンハルト弁護士は、妻殺しの犯人フェナー氏の面会に刑務所へ来る。フェナー氏の妹から弁護を頼まれたからだ。
彼は、負わなくてもよい罪は負わせたくないという信念から、フェナー氏から事件の真相を聞き出す。
まずは、彼女との出会いから。
24歳の時に、彼は彼女と出会うのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
「弁護士は、事件の真相を常に知りたい訳ではない。依頼人の無実を信じるかは無関係だ。
弁護士の任務は、弁護する事。それに尽きる。」

映画にもなった本のドラマ版。
レオンハルト弁護士の基本的な考えが上記に書いてある通りなので、さっぱり、すっきりとは行かない。

今回は、DV妻への復讐とも言うべきか。 同情の余地はあるけどね。(^◇^;)
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。