スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アンツ・イン・ザ・パンツ!」

Harte Jungs 2000年

アンツ・イン・ザ・パンツ

監督 マルク・ローテムント

出演 
トビアス・シュンケ 
アクセル・スタイン 
ミナ・タンデル
ハルゼ・ヘイム 
ニッキー・カンター

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
フロリアン(フロー)は、ある朝目覚めると、自分の“アイツ”が勝手にしゃべり出しビックリする。
“アイツ”は、フローの意志とは関係なく女を見ると見境なく興奮してくれる。
そんな中、学校で一番セクシーな女の子、レオニーに何故か気に入られたフロー。
週末には彼女の家に招待されてしまった。もしかしたらという期待に胸を膨らませる。
しかし、彼はベッド上の事はあまりよく知らなかった。
そこで、親友のレッド・ブルに相談するのだが・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
どこの国でもあるこのお悩み。よく、アメリカの青春ものにはお見かけするが、ドイツでもあるのだ。

注目すべきは、主人公フローを演じるトビアス・シュンケ。
「ノッキン~」に出て来た、あの小生意気な子役君がきちんと成長している姿で主演しているからだ。
これは、今後が楽しみな俳優さん。

何しろ、その発想が面白い。
ドイツ語をしゃべるアイツがね。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。