スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「犯罪~ドイツの奇妙な事件」 第5話「サマータイム(原題「Summertime」)」

Ferdinand von Schirach Verbrechen 2013年 ドラマスペシャル(ZDF)

犯罪 ドイツの奇妙な事件DVD 洒落あい用


監督 Hannu Salonen 

脚本 Nina Grosse

出演 
ヨーゼフ・ビアビッヒラー

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー) 
ベルリン。ホテルの掃除婦が部屋を掃除しようと入ってくると、ベッドに女性の惨殺死体があった。
その4週間前。
ゲームセンターで、ゲームをしている男。
アッバス・フォルタス、25歳。失業中。
男に呼び出され、借金を返せと指を切り落とされた。
シュテファニー・ベッカー、21歳。医学生。惨殺死体の本人。
彼氏のフォルタスから初めてのギャンブルで儲けて、その勢いで借金を抱えてしまったと告白される。
刑事は、彼女の携帯で最終通話の相手が、
パーシー・ボーハイム、48歳。金融機関の取締役。
とわかり、不倫が発覚、逮捕。
レオンハルト弁護士は、ボーハイムの弁護を頼まれるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
「弁護士は、事件の真相を常に知りたい訳ではない。依頼人の無実を信じるかは無関係だ。
弁護士の任務は、弁護する事。それに尽きる。」


身勝手な男の、身勝手な犯罪。

それにしても、サマータイムっていいのか?能率よくなるのか?
学校の夏時間と冬時間の違いしかないような気がする・・・。( ̄。 ̄;)
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。