FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
「犯罪~ドイツの奇妙な事件」 第6話「正当防衛(原題「Notwehr」)」
Ferdinand von Schirach Verbrechen 2013年 ドラマスペシャル(ZDF)

犯罪 ドイツの奇妙な事件DVD 洒落あい用


監督 Jobst Oetzmann 

脚本 Jobst Oetzmann

出演 
ヨーゼフ・ビアビッヒラー

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー) 
女とケンカして、部屋を追い出された男。
ハンナー・ベック、19歳。前科11犯。
駅前で、通りすがりの人々にバットを持ったまま、絡む。それに、付き合う友人。
インゴ・レンツベルガー、21歳。前科4犯。
バスの発着所で座っている男に、絡んでいく2人。ナイフを振りかざし脅すも、座っていた男に、ナイフを突き返され倒れる。隣にいた友人も一撃で倒された。そして、男は逮捕される。
NYにいる友人のフランコから、詳細が分からないまま、弁護を頼むと依頼され、レオンハルトは、ベルリン州警察へ出向く。
逮捕された男は、警察官にも何も語らないし、彼にも一言もしゃべらなかった。
だが、防犯カメラだけは一部始終を捕らていた。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
「弁護士は、事件の真相を常に知りたい訳ではない。依頼人の無実を信じるかは無関係だ。
弁護士の任務は、弁護する事。それに尽きる。」


本編の物語よりも、サブの物語の方が、じ~んとグロテスク。
いや、マグロの味とか言われると、マグロが食えなくなるんだけども・・・。(^◇^;)

黙ってるだけで、釈放って凄いと思ってしまった。だけど、国際的になればなるほど、こうなっていくのかな~とも思ってしまう。
怖いなあ。

このシリーズは、続きがあります。
今度の弁護士役は、モーリッツ君。どんな煮え切らない物語があることやら~。(~_~;)
関連記事
スポンサーサイト
[2015/08/01 07:15] | 推理 | コメント(0) | page top
<<「罪悪~ドイツの不条理な物語」 第1話「遺伝子」(第5話:「DNA」) | ホーム | 「犯罪~ドイツの奇妙な事件」 第5話「サマータイム(原題「Summertime」)」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。