スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「罪悪~ドイツの不条理な物語」 第1話「遺伝子」(第5話:「DNA」)

Ferdinand von Schirach Schuld 2015年 ドラマスペシャル(ZDF)

DVD じゃれ合い様


監督 Hannu Salonen 

脚本 Jobst Oetzmann

出演 
モーリッツ・ブレイブトロイ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー) 
男が街で誰かを探している。
発見し、金を渡すと、渡された男は、さっきの男が乗った車に袋を投げ入れた。家に持ち帰って男。中身は、拳銃だった。
弁護士のクロンベルクは、刑務所へ面接に来ていた。女性の囚人デッカートに会うためだ。
彼は、当時の様子を話してくれと、彼女に促すのだった。
1997年、ベルリン。
ホームレスだった彼女は、同じくホームレスだった現在の夫トーマスと出会う。そして、クリスマスイブの日。男性から声を掛けられた彼女は、トーマスと共にその家に行く。
男性はイブを1人で過ごしたくないだけだと言ったのだが・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら)

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
「罪を量るのは難しい。人は、幸福を追い求めるが、時に道を踏み外す。その時、無秩序(カオス)を防ぐのが法律。しかし、法律は薄氷。下は冷水。割れれば死ぬ。」

今回は、謎解きというよりも、どうして、そういう事をしてしまったか?みたいな、心の闇をテーマにした感じだったので、分類もこちらにさせてもらった。

知的で優しい弁護士の役をモーリッツ君が演じている。なかなか、弁護士も似合う感じ。
この弁護士さんの心理が、上記に書かれている事なので、彼は、やさしく、鋭く、せまっていく。

でも、まあ、前回どうよう、さっぱりすっきりとはいかないので、ご了承ください。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。