FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
「罪悪~ドイツの不条理な物語」 第5話「精算」(第3話:「Ausgleich」)
Ferdinand von Schirach Schuld 2015年 ドラマスペシャル(ZDF)

DVD じゃれ合い様


監督 Maris Pfeiffer 

脚本 Jobst Oetzmann

出演 
モーリッツ・ブレイブトロイ
ベンヤミン・サドラー

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー) 
娘を祖父母に預けに来た夫婦。
家に戻ると、夫は妻に性的暴行をした。妻は、夫が寝入った頃を見計らい、殺害する。
オルデンブルクに来た、クロンベルクは、謀殺(殺害の手段や方法を計画して殺す)容疑がかかっている、アレクサンドラ・ロイファーの弁護に来る。夫を撲殺した彼女は、自白もしていたが、彼女の両親から依頼が来たからだった。
クロンベルクは、彼女と面会し、顔の傷に気がつく。誰に付けられたのか話してくださいと促し、医師の診察も受けさせた。
そして、事件の経緯を聞く。
彼女が夫のトーマスと出会ったのは、19歳の時。
車のディーラーと客として顔を合せているうちに、恋に落ちたのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
久々の再会を期待してた、サドラー。
しかし、いつも誠実な役の彼が、悪役だった。それも、DVの夫。
とほほ・・・。
ついでに、モーリッツ君との絡みがあるのかと思ったら、いきなり死体でものすごく、ガックリ。
サドラーとモーリッツ君のツーショット、見たかったなあ~。

もとい。
あの夫は許せないけども、女性のずるさも、分かった回だった。

男性は、好きな女性の為に、何でもする。そんな事が再びよぎりましたとさ。
関連記事
スポンサーサイト
[2015/08/28 09:15] | 心理 | コメント(0) | page top
<<「罪悪~ドイツの不条理な物語」 第6話「雪」(第2話:「Schnee」) | ホーム | 「罪悪~ドイツの不条理な物語」 第4話「間男」(第1話:「Der Andeve」)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。