スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「罪悪~ドイツの不条理な物語」 第6話「雪」(第2話:「Schnee」)

Ferdinand von Schirach Schuld 2015年 ドラマスペシャル(ZDF)

DVD じゃれ合い様


監督 Maris Pfeiffer 

脚本 Jan Ehlert André Georgi

出演 
モーリッツ・ブレイブトロイ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー) 
特殊部隊が窓際でたばこを吸っている老人に狙いを定めている。
部屋に突入するも、彼以外は誰もおらず、その老人は折りたたみナイフを所持していた事で逮捕されてしまった。
その後、刑務所に、若い妊婦が面会にきた。
彼女は老人の耳元で名前を呟き、お腹に触らせて帰っていった。
クロンベルクは、裁判所で、判事に声を掛けられる。
明らかに無実の老人が罪を着せられそうだというのだ。その老人の国選弁護人になって欲しいという判事。
クロンベルクは、刑務所にいる72歳のグロナウに会に行く。
ヘロイン中毒でもなく、金もない彼の家に、ヘロインがあったのはおかしい。他の誰かの物だというのは明らかだった。なのに、彼は何も言わない。
その代わり彼は、クロンベルクにこう告げた。
「自分の自由よりも大切なものがある。」と。
彼は弁護を引き受ける事にするのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
自分の孫のように思えたのかもしれない。それとも、自分の若いときの過ちを正す為だったのか?
最初は老人のそんな心理を利用して~とも思ったが、見切りを付けた彼女に、妙な安心感を抱いてしまった。
あの男は、まずいって~。

だけど、やっぱ女性は冷たいなあ~とも思ったよ。

日本でも、もしあ~いう老人がいたら、刃物を渡しておくのだろうか?持ち歩くのだろうか?
逆に危ないと思ってしまうのは、偏見なのかな?

予想通り、前回同様、煮えきれないさっぱりしないドラマだった。
これがドイツでベストセラーっていうのが、なんかねえ。(~_~;)
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。