スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ホワイトアウト フローズン・リベンジ」

Pryachsya 2010年 ロシア・ドイツ・イギリス




監督 ジョニー・オライリー

出演 
ビュートル・ロガチェフ 
ウラジーミル・グーセフ 
セルゲイ・ガルマッシュ 
アレクセイ・グシュコフ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
雪山で観測をしているドロゾフ。建物の外へゴミを捨てに行く青年が一言聞いた。
「イエティにあったらどうすればいい?」
そして、その雪山からSOSが来た。
警察官のアンドレイとスラバが現場に駆けつけると、いるはずの観測員も助手の19歳の青年の姿も、どこにも見当たらない。無線では、近くを旅行している金持ちのカップルも捜索願いが出ているという。
とりあえず暗くなる為、一旦捜索は打ち切り、ヘリコプターで本部へ戻らなくてはならない時間になった。だが、アンドレイは、残ると言いだし、スラバも忘れ物をしてしまい居残る事になてしまった。
そんな時、偶然にも、行方不明者の手がかりを発見するのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
意外と、意外な展開を見せる、なかなかのサスペンス。

邦題だけみると、災害もののパニック作品に思えるが、まったく違うので、その手が苦手な人はご安心を。
そうそう、いきなり、イエティって出てきた時には、まじか?とも思ったが、そこは、それ・・・。

気になる方は、どうか観賞してみてくれ。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。