スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ナチスの犬」

Süskind 2012年 オランダ・ドイツ




監督 ルドルフ・ヴァン・デン・ベルフ

出演 
ルン・スピッツエンベルハー 
カール・マルコヴィクス 
ニンケ・ベーカイゼン

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
1942年ドイツ占領下のオランダ。
オランダ系ユダヤ人は、公演、レストラン、学校の出入りを禁止されていた。自由を奪われ迫害されながらも最悪から逃れる為、屈辱を甘んじて受け入れていた。
工場で働く人々に指示を与えていたズスキンドは、迫害を逃れる為ドイツ軍の仕事に就いた。
改装した劇場へユダヤ人を連行し、そこから、ドイツへ輸送するまでの施設管理を請け負ったのだ。
ドイツ軍の責任者、フュンフテン大尉の酒好きを利用し、友達のふりをしながら、なんとか少しでも人々を救い出そうと作戦を立てるズスキンド。
そして、ドイツの輸送先が彼らを処刑する為のガス室だと分かった時、いままで以上に人々を救おうと奮闘するのだが・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
これで何度目かの救出劇の物語。
見る度、ドキドキしてしまう。いつバレてしまうのかと。

どうしてもこいうう立場の人って気の毒に思える。みんなを救う為にがんばっているのに、味方からは邪気にされるから。

ラストはドイツらしく、悲劇の後の希望だった。

まだまだ、この手は尽きない題材かな?( ̄。 ̄;)
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。