スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Das Jerusalem-Syndrom」

Das Jerusalem-Syndrom(直訳「エルサレム症候群」) 2013年 日本未公開作品  スペシャルドラマ(ARD)

Das Jerusalem-Syndrom dvd ブログ用

監督 Dror Zahavi

出演 
Jördis Triebel(ヨルディス・トリーベル) 
Benjamin Sadler(ベンヤミン・サドラー) 
Leonie Benesch(レオニー・ベネシュ) 
Clemens Schick(クレーメンス・シック)

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー) 
妊婦が街ゆく人々に助けを求めるも、誰も聞こうとしない。
一人の観光客から携帯を借り連絡を入れるが、すぐさま、何者かが現れ、連れ去られてしまった。
ドイツの生物学者のRuth(ルース)は、父親から連絡を受け、妹のマリアをイスラエルまで迎えに行く。彼女は、精神科に入院していた。それも出産まじかな妊婦姿。
担当医のPeled(ペレッド)から、エルサレム症候群だと聞かされ、すぐさま国へ連れ帰ろうと説得するが、マリアは納得しなかった。
そして、彼女が病院から何者かに連れ出されてしまった。
ペレッドと共に現地警察に行くルース。
そこで、怪しいカルト教団の話を聞き、そこへ出向いた。すると、マリアはそこにいて、自分はメシア(救世主)の神の母だと言ってここで産むと言い出すのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら)

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
これも、某動画サイトで発見出来たドラマ。

宗教うんぬん、苦手で、ダメな人間には理解できないが、珍しい精神疾患の話し。
それと、いわずもがな、カルト教団も関わってくる。

ベンヤミン・サドラーの白衣姿は、必見!軽装の上に白衣っていいわ~。(*^-^*)
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。