FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
「Das Lächeln der Frauen」
Das Lächeln der Frauen(直訳「女性の微笑」) 2014年 日本未公開作品  スペシャルドラマ(ZDF) 

Das Lächeln der Frauen dvd ブログ用

監督 Gregor Schnitzler

出演 
Benjamin Sadler(ベンヤミン・サドラー) 
Melika Foroutan 
Hans-Jochen Wagner(ハンス=ヨヒェン・ワグナー) 
Christoph Letkowski(クリストフ・レトコフスキ) 
Armin Rohde(アルミン・ローゼ) 
Rolf Kanies(ロルフ・カニエフ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー) 
バーにPCノートを持ち込みせっせと原稿を打ち込んでいる男。
1年後、出版社に勤める編集者のAndré(アンドレ)は、Robert Miller(ロバート・ミラー)という架空の作家を友人と作り上げ、編集長のMonsignac(モンティニャック)に原稿を提出していた。
それが気に入られ、「Le Sourire Des Femmes(スマイルレディース)」という題名で、出版する事に。
一方、ポルテザールに来たAurélie(オーリー)は、自分がかけた鍵を壊し、セリーヌ河に投げ入れた。すると、その直後、新しい彼女といる元カレを発見。
隠れる為に入った本屋で、1冊の本を汚してしまった彼女は、弁償にその本を買おうとすると店主がタダで差し出してくれた。
ふと、その本を読んだ彼女は、主人公のSophie(ソフィ)が自分の事だとわかり、作者に会えないかと連絡を入れる。
アンドレは、その電話を受け取り、なんとか誤魔化したが、編集社に彼女が現れ、ファンレターを渡された。
彼は、それを読み、作家として、返事を出すのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
大人のラブコメという感じだろうか。
誰かになりすましの恋愛ものには、定番だが、なかなか楽しかった。

ベンヤミン・サドラーが、どぎまぎしながら、言い訳するシーンは必見。そして、フラれちゃうのも。

日本版になって欲しい1本。


願いが叶うといいなあ~。
関連記事
スポンサーサイト
[2015/11/27 09:44] | 日本未公開 | コメント(0) | page top
<<「ノンストップ・バディ 俺たちに今日もない」 | ホーム | 「Das Jerusalem-Syndrom」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。