FC2ブログ
「ノンストップ・バディ 俺たちに今日もない」
Nicht mein Tag 2014年 




監督 ペタ-・トアヴァルト

出演 
アクセル・シュタイン 
モーリッツ・ブレイブトロイ 
ヤスミン・ゲラート 
アンナ・マリア・ミューエ
ティル・シュヴァイガー 
Gizem Emreo(ギズン・エメリ)
ミラン・ペシュル

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
銃を持った男が、銀行に立てこもっている。
「人生に何が必要か知るときは、今の僕みたいに窮地に立たされた時だ」
72時間前。
銀行の融資担当をしているティル・ライナースは、出所してきたばらかりの男ナブロキから、融資の事で相談を受けていた。だが、彼には担保になるものが何もなく、それを説明するのに四苦八苦だった。
なんとか納得してもらい帰って貰ったが、その直後、銀行に強盗が入ってしまう。だが、彼は、妻との電話で気がつくのが遅く、その強盗の言われるがままに、車と自分自身を提供してしまうのだった。
人質となってしまったティル。犯人は、さっき融資を断ったナブロキだった。
ナポと呼んでくれと親しげに接する彼。自分の彼女と旅行に行けたら解放するというのだ。
盗んだ金で一緒に車を買いに行き、そこで、書類の不正を見抜いたティルは、事もあろうに、彼らのコカインの取引現場で書類のチェックを頼まれてしまうのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
ドタバタコメディのロードムービー。
ドイツのコメディも捨てたもんじゃないぞ!的な、面白い作品だった。

いや~おバカ、ギャングがむっちゃ似合うモーリッツ君。とっても良い感じだった。

ドイツ国内では、むっちゃ有名なティル・シュヴァイガー。
そんな1面も見れるシーンがあるので、必見です。

ナチス関係もいいけれど、もっとこういうコメディを日本に来てくれる事を祈っております。

いや~面白かったよ。
関連記事
スポンサーサイト
[2015/12/23 07:29] | 人生 | コメント(0) | page top
<<「Chiko」 | ホーム | 「Das Lächeln der Frauen」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |