FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
「危険なメソッド」
A Dangerous Method  2011年 イギリス・ドイツ・カナダ・スイス作品




監督 デヴィッド・クローネンバーグ

出演 
キーラ・ナイトレイ 
ヴィゴ・モーテンセン 
マイケル・ファスベンダー 
ヴァンサン・カッセル 
アンドレ・ヘンニック

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
馬車の中、暴れている女性。
ブルクヘルツリ病院、1904年8月17日。
ロシア人、サビーナ・シュビールラインは、カール・ダスタフ・ユングの患者となり、彼の治療を受ける事になった。彼は、何をする訳でもなく、彼女の後ろに座り、彼女の言い分だけをタダ聞くだけの治療を始めた。
そして、2年後。
1906年3月3日。オーストリアのウィーン。
同じ研究者であり尊敬しているフロイトに会いに来たユングは、一人預かって欲しい人物がいると、彼から頼まれてしまう。グロス博士というその人物は、自分達と同じ医療の分野の研究をしているが、彼自身が薬物中毒であまり参考にならないのだという。
そんなある日。
ユングは、サビーナとの関係に、患者と医師という垣根を越えてしまった。
それをフロイトに見透かされ、彼との子弟関係が崩れ始めるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
心理学では、おなじみの研究者、ユング&フロイト。
接点があったんですなあ~。

キーラ嬢の熱演が必見です。
関連記事
スポンサーサイト
[2016/04/26 06:25] | 男女 | コメント(0) | page top
<<「やさしい本泥棒」 | ホーム | 字幕を付けて下さっている方のインタビュー>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。