FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
「血の伯爵夫人」 
The Countess  2009年 ドイツ・フランス作品


血の伯爵夫人DVD


監督 ジュリー・デルビー

主演 
ジュリー・デルビー 
ダニエル・ブリュール 
ウイリアム・ハート 
アナマリア・マリンカ 
セバスチャン・ブロンベルグ
アンドレ・ヘンニック

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
エルジェベート・バートリ伯爵夫人の人生に基づく。
青年が墓参りをしている。彼は「歴史は勝者側からのみ語られる。」とつぶやき、
ふとバートリ夫人の歴史を自分との記憶と共に思い返すのだった。
1956年。
ハンガリーの名家に生まれたエルジュベートは、その時からF・ナーダジュディとの政略結婚が決っていた。幼い時から無情で探究心が強かった彼女。
成長し、年頃になったエルジュベートは、使用人と恋に落ち、子供を産むも、相手は殺され、子供は取り上げられてしまうのだった。
後に、予定通り結婚し、荘園を管理。夫も出世し国王に金を貸すぐらい財産を殖やした。
だが、夫が急死。
その直後に出会った青年、イシュトヴァンに夢中になってしまう彼女。
彼の父親は、息子を彼女から遠ざけると共に、その恋心を利用するのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
若さを保ちたい!いつまでも、美しくいたい!
女性の永遠なる願望なのだが・・・。( ̄。 ̄;)

今では、サプリメント、エステ、などなど、いろんな方法があるが、当時は、こうとしか思いつかず、こうとしか出来なかったんだろうなあ~。

そりゃ恐ろしい、おんなゴコロを、興味があるかたは、是非に。(゜_゜;)
関連記事
スポンサーサイト
[2016/04/28 09:20] | 歴史 | コメント(0) | page top
<<「テロリストのゲーム」  | ホーム | 「やさしい本泥棒」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。