スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「テロリストのゲーム」 

Labirent 2011年 ドイツ・トルコ作品



監督 トルガ・オルネック

出演 
ティムシン・エセン 
メルテム・カンブール 
サーブ・アヤヤ 
リサ・コカオグル

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
カメラの前に座り動画を撮影している一人の男。ハサン・ヌ・カン、28歳。
それはこれか起こすテロへの犯行声明だった。
トルコ、イスタンブール。
爆弾を巻き付けたハサンが、ビルの前へ来る。そして、爆発させた。
その様子を誰かが撮影しているのだった。
トルコ国家情報局。
イスタンブール支局。フィクレットは、自分が昔行った作戦を思いだしていた。その時に協力してくれた人物は彼らに誘拐されてしまい、今となっては生死も分からない。無事でいてくれているだろうか?
そんな思いを抱きながら、彼は今、テロ組織の動向を、現在の協力者と共に探っていた。
爆弾テロを起こしたハサンと同じ大学の生徒の協力者。フィクレットが何故に分からなかったのかと問い詰めると、何人もいる生徒の中で、そこまで分かる訳がないと言い張った。
そんな時、ドイツにいる潜入捜査官が殺されてしまった。
誰かが、逆に情報を流しているとしか思えない。
しかし、こちらにも重要な情報が入ってくる。それは、協力者の兄で、直接テロに関与していた人物が恐くなって逃げ出して来たのだ。
その情報を元に今度こそ、テロを未然に防ごうとする、フィクレットだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
裏事情は、本当にこんな感じかもしれないと思った。もしかしたら、そんな単純でもないのかもしれない。
あのシングルマザーの刑事さんは、かっこよかった~。

早く、テロ行為がなくなる事を祈って・・・。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。