FC2ブログ
「テロリストのゲーム」 
Labirent 2011年 ドイツ・トルコ作品



監督 トルガ・オルネック

出演 
ティムシン・エセン 
メルテム・カンブール 
サーブ・アヤヤ 
リサ・コカオグル

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
カメラの前に座り動画を撮影している一人の男。ハサン・ヌ・カン、28歳。
それはこれか起こすテロへの犯行声明だった。
トルコ、イスタンブール。
爆弾を巻き付けたハサンが、ビルの前へ来る。そして、爆発させた。
その様子を誰かが撮影しているのだった。
トルコ国家情報局。
イスタンブール支局。フィクレットは、自分が昔行った作戦を思いだしていた。その時に協力してくれた人物は彼らに誘拐されてしまい、今となっては生死も分からない。無事でいてくれているだろうか?
そんな思いを抱きながら、彼は今、テロ組織の動向を、現在の協力者と共に探っていた。
爆弾テロを起こしたハサンと同じ大学の生徒の協力者。フィクレットが何故に分からなかったのかと問い詰めると、何人もいる生徒の中で、そこまで分かる訳がないと言い張った。
そんな時、ドイツにいる潜入捜査官が殺されてしまった。
誰かが、逆に情報を流しているとしか思えない。
しかし、こちらにも重要な情報が入ってくる。それは、協力者の兄で、直接テロに関与していた人物が恐くなって逃げ出して来たのだ。
その情報を元に今度こそ、テロを未然に防ごうとする、フィクレットだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
裏事情は、本当にこんな感じかもしれないと思った。もしかしたら、そんな単純でもないのかもしれない。
あのシングルマザーの刑事さんは、かっこよかった~。

早く、テロ行為がなくなる事を祈って・・・。
関連記事
スポンサーサイト
[2016/04/29 09:37] | 犯罪 | コメント(0) | page top
<<「ベルリン・オブ・ザ・デッド」 | ホーム | 「血の伯爵夫人」 >>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |