スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「バレット・フィスト」

Kampfansage Der letzte Schüler 2005年

バレット・フィスト

監督 ヨハネス・イエガー

制作 ヘルマン・ヨハ

出演 
マティス・ラントヴェアー 
フォルクラム・チーシェ 
クリスティン・モンツ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
2045年。
内戦がヨーロッパ全土に広がり暴力が支配する世の中に変わってしまっていた。
残虐な将軍によって支配されてしまっているベルリン。
最高の武術が記載されている「極意の書」も彼の息子ボスコの手にあった。その書を書いた老師の最後の弟子ヨナスは、その息子によって重傷を負わされていた。
数ヶ月後。
回復したヨナスは、ベルリンに舞い戻って来る。そして、リンダという女性を救った事により軍隊に対抗しているビンセントのグループに出会うのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
「コブラ11」を手がける、Actionconcept社が制作した映画の1本。
簡単にいうならば、ドイツ版、香港映画。

注目すべきは、主人公ヨナスを演じているマティス・ラントヴェアー 。
ジャッキーやジェットに負けず劣らずのマーシャル・アーツを披露してくれるのだ。
ヨーロッパ人でここまで格闘が上手い人は初めてみたぞ。
ラストにNG集もあり、まさしく、あの頃の香港映画なのだ。

どうか、ご興味がある人は1度見て欲しいぞ。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。