スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヒトラー暗殺、13分の誤算」

Elser 2015年 





監督 オリヴァー・ヒルシュビーゲル

出演 
クリスティアン・フリーデル 
カタリーナ・シュットラー 
ブルクハルト・クラウスナー 
ヨハン・フォン・ビューロー

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
人がいなくなったビアホール。1本の柱の中に爆弾を仕掛ける男性。
その後、その柱のすぐ下でヒトラーが集まった人々に対して演説を始めた。
1939年11月8日。
ヒトラーが演説を続けていると、一人の兵士が近づいて彼に1枚のメモを見せた。
「霧の為に飛行機が飛べず」
同じ時、スイスとの国境近くで一人の不信な男性が逮捕される。
彼は家具職人のゲオルク・エルザー。
頑なに黙り込む彼だったが、ヒトラーがまだ生きていて、罪もない人が8人死亡したと聞かされ、動揺を隠しきれなかった。
秘密警察ゲシュタボで残忍な取り調べを受けても、単独犯だと言い張るゲオルク。
だが、元婚約者のエルザの姿を見せられ、彼はこれまでの経緯を細やかに話し出すのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
あの有名な暗殺計画の前に、普通の人間がヒトラーを暗殺にかかった!
なのに、生き延びたヒトラーってどんだけ悪運強いんだ!

とはいえ、自分自身の自由の為に、一人で立ち上がった男、ゲオルク。
凄すぎです。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。