スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「お葬式から事件は始まる」 第5話「焼死体の謎(原題「Warm abgetragen」)」

お葬式から事件は始まる DVD_convert_20160801064455

AXNミステリーにて放送中 http://mystery.co.jp/programs/todesfall 
Vier Frauen und ein Todesfall 」 Staffe1 (DORフィルム・2005年2月~4月放送)
字幕 吉川美奈子

出演 
アデーレ・ノイハウザー(ユーリエ・ツィルブナー:廃園となった農場に住む未亡人)
ブリギッテ・クレン(マリア・デング:カフェバーの女主人)
マルティナ・ペル(ザビーネ・ショスヴェンダー:村役場の秘書でシングルマザー)
ガビー・ドーム(ヘンリエッテ・カスパー:急死した心臓外科医の妻)

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー) 
納屋の中で男性が寝そべっている。
教会料も払わないほど、ケチな農場主、グスタフの葬儀に参加している、ユーリエ、マリア、ザビーネ、ヘンリエッテの4人。
彼は納屋の火事で死亡したのだ。
参列者も殆どおらず寂しいお葬式となっているところへ、不仲だった息子が現れた。
その後の食事会で、グスタフと一緒に住んでいた自分の娘でもある彼の孫娘と言い争いを始める息子。たまりかねたユーリエは、いつもどおりあの言葉を発した。
「彼は誰かに殺されたのだ」
その後、足の巻き爪が悪化し病院で手術を受ける事になったユーリエは、ヘンリエッテに送って貰いながら、現場検証を行って居るグスタフの納屋を見に行く。
検視官や警察官に邪魔者扱いされる中、火事は、時限装置によって引き起こされたと分かるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
自己主義の親を持つと子も孫も大変です。(^◇^;)

後半の6話~10話は、来月掲載いたします。

関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。