スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「我が教え子、ヒトラー」

Mein Führer - Die wirklich wahrste Wahrheit über Adolf Hitler 2007年


わが教え子、ヒトラー デラックス版 [DVD]わが教え子、ヒトラー デラックス版 [DVD]
(2009/04/24)
ウルリッヒ・ミューエ、ヘルゲ・シュナイダー 他

商品詳細を見る


監督 ダニー・レヴィ

出演 
ウルリッヒ・ミューエ 
ヘルゲ・シュナイダー 
シルヴェスター・グロート 
ビクトル・シューフェ
カッチャ・リーマン

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ドイツ人を12年間も支配してきた、アドルフ・ヒトラー。
だが、ここ数ヶ月は、自分の側で爆弾が爆発したりしたことから、すっかり自信をなくし、以前のような雰囲気がなくなっていた。
そんな、1944年12月25日。
ヒトラーの大演説を来月ベルリンで行うべく、宣伝相のゲッベルスは、ある事を思い付く。
それは、人気俳優だったユダヤ人のアドルフ・グリュンバウムに、演説を指導してもらうというものだった。
早速、収容所から呼ばれた、グリュンバウム。
戸惑いながらも、にっくきヒトラーに会うと、別人のようになった彼に驚くのだった。
そして、彼なりの指導が始まるが・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
堅苦しい、戦争作品が多い中、ゲラゲラは笑えないが、クスっと笑えるのがこの作品。

あの自信満々のヒトラーは何処へやら?
戸惑いながらも、こっちも見入ってしまうのだ。

注目すべきは、やはりアドルフ役のウルリッヒ・ミューエ。
憎い相手に教えなければならない苦悩。二人きりのチャンスがたくさんあるのだが・・・。

いままでと、少しちがった感じの作品なので、主人公と一緒に戸惑ってみて。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。