スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ソード・オブ・ザ・ファンタジー」

Lenya – Die größte Kriegerin aller Zeiten 2000年 スペシャルドラマ(RTL)

ソード・オブ・ファンタジー

監督 ミヒャエル・ローヴィッツ

出演 
アーニャ・クナウアー
ヘンドリック・ドュリン
コリアン・ヴェイゲント

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
神々が人間の身近にいた時代。ゲルマンの国々では争いが絶えなかった。
中でもブルグントの君主ハーギアと息子のエーギルはヴェルズングに侵攻し、国王トールワルドを惨殺してしまった。
そして、炎と剣の力で民衆をねじ伏せていた。
ある日、レーニャは、母親に言われ森の中へ水汲みに出かける。
そこで、不思議な人物に遭遇する。神のオーディンだった。
彼女は自分の運命を知り、やがて、村が襲われ妹と一緒に、オーディンから言われた人物を捜しに旅に出る。
そして、旅の途中でゲーロ達と出会うのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
コスプレ、時代物作品。(爆)
ドイツ作品で歴史物というか、勇者の剣みたいな、作品が見たくて借りたのだ。

注目すべきは、主人公の師匠というか、になるゲーロを演じた、ヘンドリック・ドュリン。
なかなか、かっこよかったのだ。

ドイツ制作であまり見かけないのは、近未来的なSFものかな?
そのうち掲載するので、もう少々、お待ちください。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。