スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アラーム・フォー・コブラ11 スクランブル」

Alarm für Cobra 11- Dei Autobahnpolizei 「Stadt in Angst」 2008年 スペシャルドラマ(RTL)


アラーム・フォー・コブラ11 スクランブル [DVD]アラーム・フォー・コブラ11 スクランブル [DVD]
(2009/08/05)
エルドゥアン・アタライ、ゲデオン・ブルクハルト 他

商品詳細を見る




監督 アクセル・サンド

制作 ヘルマン・ヨハ

出演                    
エルドゥアン・アタライ           
ゲデオン・ブルクハルト          
ダニエラ・ビテ
シャルロット・シュヴァーブ
ディトマー・ハーン
ゴットフリート・フォルマー
ニールス・クルフィン

ゲスト
カリーナ・ヴィーゼ
イサベル・バイス

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー) 
週末に休暇を控えていた、クリスとゼミルは、いつものように、アウトバーンを走行していた。
すると、ガス管理室の側に駐車してある不振な工事関係車両を発見、職務質問をしようとしたその瞬間!
突然その車から武装した集団に襲撃され、逃げられてしまう。
二人は、ガス管に爆弾が仕掛けられてあると知り、ゼミルは、ガスのバルブを閉めることを試み、クリスは、アウトバーン上にいる車両から、人々を非難させる事に全力を尽くした。
そして、爆弾は爆発。
幸いにも被害は最小限に食い止められた。
署に戻ると、政府が危機管理対策本部を設置したとの事で、隊長のエンゲルハートと共に、二人も呼び出されていくのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
レンタルタイトル 「ブラック・レイド Cobra 11 Special」 
何故か、これ以降発売されたDVDは、レンタルタイトルと発売DVDの邦題が違ってきてしまう。
個人的には、正式な名称「アラーム・フォー・コブラ11」に統一してほしいのだが。

クリスを相棒に迎えてのスペシャル第2弾。なぜか、この時だけスペシャルが春放送されていた。

注目すべきは、その内容。テロリストに立ち向かう二人の刑事になっているのだ。
あの大ヒットドラマ「24」のジャック・バウアー並に単独行動を起す二人。
これまた、今までの流れと違った趣向になっているのだ。
凄い迫力なので、このシリーズを知らなくとも充分楽しめると思う。

シリーズ好きにはちょっとひっかかりが残ってしまうけどもさ。( ̄。 ̄;)
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。