スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「オペレーション・ワルキューレ」

Stauffenberg 2004年 スペシャルドラマ


オペレーション・ワルキューレ [DVD]オペレーション・ワルキューレ [DVD]
(2005/03/04)
セバスチャン・コッホ、ウルリッヒ・トゥクール 他

商品詳細を見る


監督 ヨ・バイヤー

出演 
セバスチャン・コッホ 
ウルリッヒ・トゥクール 
ハーディ・クリューガーJr
ミラン・ペシェル
ウド・シェンク
ヴィルフリート・ホーホルディンガー

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
第二次世界大戦中のドイツ。
チェニジアの対戦で、片目と右手首を失う重症を負いながらも生還したシュタウフェンベルク大佐は、あまりにも無謀な戦いを続ける独裁者ヒトラーの暗殺計画に参加する。
同志を集め「ワルキューレ作戦」と名付けたその計画に、やっと実行する日が訪れた。
シュタウフェンベルク大佐は、爆弾を入れた鞄を持ってヒトラーも同席する会議へ参加した。
そして、彼の足下に鞄を起き、その場を去った。
爆弾は爆発!
作戦は成功するかに思えたのだが。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
内容は、アメリカ映画「ワルキューレ」とほぼ同じ。
まあ、歴史を舞台にしているのだから、変えようがないが。

注目すべきは、それをちゃんと同じドイツ人が演じているという事。
そこはしっくりしたが、以外と曖昧な作戦だったと個人的には思ってしまった。
天下のヒトラーを甘くみすぎたのか?それとも彼の悪運だったかな?
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。