スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ジェット・ローラー・バス」

Bus152 Der Todesbus 1997年 スペシャルドラマ(RTL)


ジェットローラー・バス [DVD]ジェットローラー・バス [DVD]
(2000/06/02)
シルベスター・リーベイ

商品詳細を見る



監督 リヒャルト・フーベル

出演 
ハイネス・イーニッケ 
クリス・ホーフェンスター 
ヨナンナ・クラント 
シュテファン・コルゲンス

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
トンネル工事の現場監督マーカスは、工事が遅れ気味な為に、計画していた家族旅行に行こうとしなかった。
妻とは、大喧嘩になり、父抜きで旅行に行こうと言っても、息子のピーターは納得しない。
一方、路線バスの運転手ハイセンは、明日の結婚式を控え、婚約者を乗せいつも通りにバスを発車させた。
何も変わらなく乗客を乗せたハイセンのバス。その客の中には、学校帰りのピーターも。
現場に戻ったマーカスは、突然発生した大量の水に不吉な予感が走った。
案の定、トンネルの上を通っている道路に大きな穴が開き、ハイセンのバスが落ちてしまうのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
映画ではヒトラー関係の戦争物が多く、スペシャルドラマは、こういったパニック的なドラマが多い。
もしかして、自分の見る傾向が片寄っているということもありえると思うが。σ(^◇^;)

注目すべきは、落ちたバスからの脱出劇。
中と外からの救出劇はドキドキ、イライラ、ハラハラするのは間違いない。

こういう類いがお嫌いじゃなかったら、どうぞ♪
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。