スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アム・アイ・ビューティフル?」

¿Bin ich schön? 1998年 

アムアイビューティフル

監督 ドリス・ドゥリー

出演 
フランカ・ポテンテ 
シュテファン・ヴィング 
マリア・シュラーダー 
ディート・シューベル 
ヨアヒム・クロール 
ニナ・ペトリ
ハイケ・マカッシュ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ヒッチハイクをする、リンダ。彼女は乗せてくれた運転手に「私は話す事が出来ません」とカードを見せる。
スペインのホテルに宿泊しているクラウンは、ドイツにいる元カノに電話をかけていた。
その元カノのフランチェスカは、結婚式を控えている中、交通事故を起してしまう。彼女は、土砂降りな為、事故相手の車の中で警察が来るまで待たせて貰っていた。
乗せてくれている相手の運転手エルケは、恋人を失いその悲しみから抜け出せていなかった。
ヘルベルトは、若い女と不倫していた。
その相手は突然、彼の目の前で手首を切って自殺を図るのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
簡単にいえば、群像劇。
個々に注目するもずべてがつながっているという感じ。
なので、ちょっとこういう類いが苦手な自分のような人間には、お薦めできない。

だから、何?(`ヘ´) と言いたくなってしまうからだ。

注目すべきは、そのつながり具合。
まあ、うすうすは勘づいていたけども・・・。

不倫相手というは、どこのどの国でもあんな感じの人がいるのか?と恐ろしく思ってしまった。
それとも、女性限定かな?( ̄。 ̄;)

「U-900」

U-900 2008年 


U-900 [DVD]U-900 [DVD]
(2009/09/09)
アツェ・シュローダー

商品詳細を見る


監督 スヴェン・ウンター・ヴァルト・Jr

出演 
アツェ・シュローダー 
イボンヌ・カッターフェルト 
オリヴァー・ヴヌク 
マキシム・メーメット 
ゲッツ・オットー 
スベン・ヴァルサー
ヴィルフリート・ホーホルディンガー

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
1944年、4月28日。フランス、トゥーロン港。
碇泊している潜水艦U-900にあの聖杯が積み込まれた。
翌日の4月29日。ドイツ、エッセン・クライ。
配達人のアツェは、発明好きのユダヤ人で友人のサミュエルに電気式フライドポテト製造器を作らせていた。
いつも通り軍のお偉いさんの屋敷へ配達に行った時、お屋敷の夫人といつも通りの情事を楽しんでいたアツェだったが、夫人の夫に発見され殺されそうになってしまう。
そして、屋敷中を逃げ回る途中でU-900の存在を知った彼はその潜水艦でアメリカへ逃げようと考え、ユダヤ狩りだとサミュエルを騙し発明品を持って一緒にU-900を目差す。
そして、新艦長だと嘘をつき乗艦に成功するのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
ドイツコメディ。ジャンルはまよったが、こちらにした。主人公が一世一代を掛けた脱出劇だから。(そんな大袈裟な感じではないのだけど)

注目すべきは、その潜水艦の中のやりとり。意外と素人でもなんとかなるんだ~なんて思ってしまったのだ。
ドイツ映画で有名な作品「U-ボート」を鑑賞してからみる事をお薦めする。
笑いが倍増するからさ。(爆)

「そして、私たちは愛に帰る」

Auf Der Anderen Seite 2007年 ドイツ・トルコ


そして、私たちは愛に帰る [DVD]そして、私たちは愛に帰る [DVD]
(2009/09/16)
バーキ・ダヴラク、ハンナ・シグラ 他

商品詳細を見る



監督 ファティ・アキン

出演 
バーキ・ダヴラク 
トウンジェル・クルティズ 
ヌルギュル・イェシルチャイ 
ヌルセル・キュセ 
パトリシア・ジオクロスカ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ガソリンスタンドで給油する男。長い道のりを運転する。
1:イェテルの死
ドイツ・ブレーメン。初老のアリは街でトルコ人の娼婦イェテルに出会った。彼は、彼女に1ヵ月分の稼ぎを払うから一緒に住んでくれないかと提案する。そうとは知らず、息子のネジャットはハンブルクから久しぶりに帰郷する。そして、イェテルの存在に戸惑うのだった。
2:ロッテの死
イスタンブールで反政府軍に加担していた、アイテンは、仲間の計らいでドイツへ密入国した。そして、ロッテというドイツ人と友達になる。母親を探しているのだというアイテンに協力するロッテ。だが、母親に会える前に、彼女が密入国者だと分り強制帰国させられてしまう。ロッテはアイテンを追って、トルコ・イスタンブールへと行く。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
ドイツもトルコも愛する、ファティ・アキン監督ならではの作品。
どちらの良いところも悪いところも何気に訴えているからだ。

注目すべきは、人間模様。
つながっていないようで、何気にすべつながっていたのだ。
もしかして、自分の生活もそうなのかな?と思ってしまうぐらい自然に・・・。

「ソウル・キッチン」並の明るさはないが、ドイツ映画好きさんには、お薦めです(^O^)v

「メッセージ そして、愛が残る」

Afterwards 2008年 ドイツ・フランス・カナダ


メッセージ [DVD]メッセージ [DVD]
(2011/04/22)
ジョン・マルコヴィッチ、ロマン・デュリス 他

商品詳細を見る


監督 ジル・ブルドス

主演 
ロマン・デュリス 
ジョン・マルコビッチ 
エヴァンジェリン・リリー 
リース・トンプソン

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
湖で遊んでいた、少年と少女。
少女が水へ落ち、助けを求め道路へ飛び出した少年は走ってきた自動車にひかれてしまう。
NYの法律事務所にいる敏腕弁護士のネイサンは、家庭をほったらかして仕事ばかりしている人間だった。
そこへ、ケイと言う名の医師が彼を訪ねて来た。
彼はいきなりネイサンに向かって、自分は人の死が見えると言い出す。信じられないネイサンにケイ医師はある人物の最期を告げた。半信半疑のネイサンだったが、その事が目の前で起こる。
それでも、信じられないネイサンだったが・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
共同制作だから、言語は英語。
注目すべきは、少年と少女の会話。
実は、大人になってからも、二人は互いに母国語を話しながら会話が成立するのだ。
少年はフランス語。少女は英語。(のちに二人は夫婦になるのだが)

なんともいいがたい物語。

自分がそういう能力を持ってしまったら・・・。(-_-;)

「ザ・フィクサー」

One Way 2006年


ザ・フィクサー [DVD]ザ・フィクサー [DVD]
(2008/08/08)
ティル・シュヴァイガー、マイケル・クラーク・ダンカン 他

商品詳細を見る


監督 レト・サリンベーニ

制作 ティル・シュヴァイガー

出演 
ティル・シュヴァイガー 
マイケル・クラーク・ダンカン 
ローレン・リー・スミス 
セバスチャン・ロバーツ
ファーリ・オーゲン・ヤルディム

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
クリエイティブ・ディレクターのエディは、ついに広告会社バーク企業のパートナーとなり、その社長令嬢ジュディと結婚する事にもなった。
だが、エディの同僚のアンジェリーナが、ジュディの兄、アンソニーに強姦され、彼を訴える事に。
しかし、アンソニーは、エディが密かに付き合っている愛人の写真を見せ、偽の証言を強制する。
エディの証言で、無罪になったアンソニー。
そして、数日後。
アンソニーが死体となって発見される。
警察の捜査で、彼が行方不明になる前に、エディとケンカをしていたという証言から、アンソニー殺しの犯人がエディになってしまうのだが・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
ドイツ制作だが、英語。
自分の感想日記は、まだ日本版が発売される前のものなので、ちぐはぐなところがあると思うが、その点は勘弁してくれ。

注目すべきは、順風満帆だった生活が1つの過ちから転落していくというもの。
なかなか、面白かったのではないかな?パターンはパターンだったが。

まだ、日本版を鑑賞してない、ich。そろそろ、鑑賞しよっと。σ(^◇^;)

「ヤンババ!ばばぁ強盗団がやって来る!」

Jetzt oder nie – Zeit ist Geld 2000年


ヤンババ! ばばぁ強盗団がやって来る! [DVD]ヤンババ! ばばぁ強盗団がやって来る! [DVD]
(2003/04/02)
ガドラン・オラス、エリザベス・シュレー 他

商品詳細を見る


監督 ラース・バケル

製作 ティル・シュヴァイガー

出演 
ガドラン・オラス 
エリザベス・シュレー 
クリステル・ビーターズ 
ティル・シュヴァイガー
コリンナ・ハルフォーフ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
カーラ、リリ、メータの仲良しお婆ちゃん3人組は、若いボーイのサービスを受けながらの豪華客船の旅を夢見ていた。
やっとの思いで貯めたお金をいざ銀行へ預けに行く3人。
しかし、偶然にもその銀行で銀行強盗に遭い、彼女らのお金もその強盗に盗られてしまう。
銀行は彼女らのお金はまだここに預けられる前のお金だから保証してくれないというのだ。
頭にきた3人は、自分達が銀行強盗になってお金を奪う計画をたて始める。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
邦題は物凄いが、原題を直訳すると「今しかない – 時は金なり」
そっちの方がしっくりするけども。( ̄。 ̄;)

注目すべきは、このお婆ちゃん強盗の巧みな事だ。

ラストもいい感じなので、邦題に惑わされない、是非見てほしいぞ。

「ブルート」

Basard 1998年


ブルート [DVD]ブルート [DVD]
(2000/08/04)
ティル・シュバイガー、ポリー・ウォーカー 他

商品詳細を見る


監督 マーチェイ・デイチェル

出演 
ティル・シュヴァイガー
ポリー・ウォーカー 
ピート・ポスルスウェイト

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ルーマニアの孤児院に一人の男が来る。彼の名はブルート。
ロンドン刑務所から社会奉仕を条件に釈放されたのだ。
そこにいる子供達は病気の子供ばかり。
雑用係として働き始めたブルートだが、子供達の態度にイラ着き、経営者のシンカイの部屋から拳銃と金を持ち出し逃げ出そうとする。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
1998年モントリオール国際映画祭出品作品。
ちょっと複雑な物語。
ブルートと病気の少女との交流が中心には描かれているのだが。

注目すべきは、経営者シンカイを演じた、今は亡きピート・ポスルスウェイト。
この時から彼は上手いし、良い味が出ているのだ。

ちょっと暗い感じの作品。ラストもどうもねえ・・・。( ̄。 ̄;)

「素粒子」

Elementarteilchen 2006年


素粒子 [DVD]素粒子 [DVD]
(2007/11/21)
モーリッツ・ブライプトロイ、フランカ・ポテンテ 他

商品詳細を見る


監督 オスカー・レーラー

出演 
モーリッツ・ブレイブトロイ
クリスティアン・ウルメン 
マルティナ・ゲディック 
フランカ・ポテンテ
コリンナ・ハルフォーフ
ジェニファー・ウルリヒ
マルティナ・ゲデック
ニーナ・ホス
ヴィルフリート・ホーホルディンガー


勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
国語教師のブルーノは、妻子もいるが、性への欲望が押さえきれず、もんもんとした日々を送っていた。ある日、自分の生徒に手を出そうとして、あまりにも自分の不甲斐なさに精神科を受診する。
一方、科学者のミヒャエルは、再び研究に没頭すべく職場を離れる事にした。
まったく性格が違うこの二人は、実は異父兄弟。
一応、事ある事に連絡は取り合っている仲だった。
ある日、自分達の母親の墓を移動する事になり、ミヒャエルは久しぶりに故郷へ帰る。
すると、幼なじみのアナベルと再会するのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
この作品でベルリン映画祭最優秀男優賞を受賞した、モーリッツ・ブレイブトロイ。
なので、同じ監督作品の「アグネスと彼の兄弟」もDVD化されたと思うのだ。

注目すべきは、この異父兄弟の生き方。
そして、上手くはいかないものだよね。

気になる方はどうぞ♪ 

「太陽に恋して」

Im Juli 2000年


太陽に恋して [DVD]太陽に恋して [DVD]
(2007/09/07)
モーリッツ・ブライプトロイ、クリスティアーネ・パウル 他

商品詳細を見る


監督 ファティ・アキン

出演 
モーリッツ・ブレイブトロイ
クリスティアーネ・パウル 
マフメット・クルトゥルス 
メディル・ユネル
アダム・ボウスドウコス
ビロル・ユーネル

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
車のトランクに訳あって死体を乗せているイザは、自分に近づいて来る1人の男に驚く。その男は車に乗せてくれというのだが、イザはどうにも嫌だった。だが、ある事をきっかけに彼を乗せたイザ。
そして、旅の目的をその男に聞くと、彼はハンブルクから来たのだと話始める。
ハンブルグで見習い教師をしているダニエルは、夏休み前に屋台で幸運の指輪を買わされた。
その指輪のお陰か、その日の夜にメルクというトルコ人女性と出会い一目惚れするダニエル。
そして、彼女を追いかけてイスタンブールへ出発するのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
ファティ・アキン監督の出会いの作品がこれ。
速攻監督さんも好きになりました。
楽しくて面白い作品。

注目すべきは、ダニエル(モーリッツ・ブレイブトロイ)の珍道中。
そして、ラストのキス。(誰とは言わないが)

終わってほんわか気分になれる作品。
ぜ~たいのお薦め映画です(^O^)v

「マリアの受難」

Die Todliche Maria  1993年 


マリアの受難 [DVD]マリアの受難 [DVD]
(2007/09/07)
ニナ・ペトリ、ペーター・フランケ 他

商品詳細を見る


監督 トム・ティクヴァ

主演 
ニーナ・ペトリ 
ヨーゼフ・ビアビヒラー 
ベータ・フランケ 
ヨアヒネ・クロール

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
いつもの時間にいつもと同じ生活を送るマリア。
そして、いつものように向かいの建物から男性が一人出勤していく。
いつものようにそれを見つめ、いつものように夫を送り出す、いつものマリア。
ある日、建物の暖房の件で話がしたいと男性から電話がかかってくる。
それは、いつも見ている向かいの男性からだった。
ポールという名のその男性の部屋を訪ねたマリアは、なんとなく何かを感じるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
このマリアの人生がむっちゃはたから見ると気の毒なのだ。
しかし、薄ら怖い・・・。

注目すべきは、マリアを演じたニーナ・ペトリ。
素晴しい演技なのだ。彼女のその表情に釘付けになってしまう。

クセがあるので、賛否分かれるかもしれない。

あなたは、好きになるかな?(自分は、好きだけど)

「バーグラーズ 最後の賭け」

Sass 2001年


バーグラーズ 最後の賭け -ヘア無修正版- [DVD]バーグラーズ 最後の賭け -ヘア無修正版- [DVD]
(2004/09/24)
ベン・ベッカー

商品詳細を見る


監督 カルロ・ローラ

出演 
ベン・ベッカー 
ユルゲン・フォーゲル
オットー・ザンダー 
アネット・ハイン
マーティン・ファイフェル

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
1924年.裁判にかけられている兄弟がいた。ベルリンに住む、ザス兄弟だ。車の修理工場を営む彼らが、銀行強盗犯だというのだが。
今から1年前。
工場を始めた兄フランツと弟エリッヒは、税金の取り立てに頭に来て、地下を掘って税務署に押し入り、バーナーで金庫破りをし、金を盗み出した。
これっきりのはずが、味をしめたフランツはエリッヒを言いくるめ次々と銀行を襲い始める。
だが、そんな彼らをギャングが見逃がさなかった。
彼らは兄弟に一緒に組もうと言い出すのだが・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
実際にドイツであったお話し。
アンチヒーローものが好きな自分は、ドイツ映画でこのような作品に出会えた事がすっごく嬉しかった。

注目すべきは、このSass兄弟(原題は彼らの名前)の生き方。
自分達だけでというのがすごく好きになったのだ。

ラストは、ドイツ映画なので、そうくると思ったが、ちょっと悲しかった。

これは埋もれた名作だと思うので、絶対お薦めの1品です。(^O^)v

「シーウルフ」

Der Seewolf 2008年 スペシャルドラマ


シーウルフ [DVD]シーウルフ [DVD]
(2010/05/07)
トーマス・クレッチマン、フロリアン・シュテッター 他

商品詳細を見る


監督 クリストフ・シュラーエ

出演
トーマス・クレッチマン
フロリアン・シュテター 
ビンツェン・キーファー 
ヘニング・バオム

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
文芸評論家のハンフリー・ヴァン・ヴァイデンは、乗っていた船が沈んでしまい日本の近海を漂流していた。
その後、通りかかったアザラシ猟の船、幽霊号に助けられるのだが、すぐにでも家に帰りたい彼の気持ちと裏腹に、猟を続けると言う船長のウルフ・ラーセン。
さらに彼は、ハンフリーを乗組員として働かせるのだった。
そんな中、不満を抱えた乗組員のヨハンソンとリッチャーが、猟のボートを盗み船から陸を目差し脱出した。
それを知ったウルフは必要以上に彼らを捜すのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
船という名の独裁者社会という事かな。

注目すべきは、この船の秩序。
まわりが海だから逃げ出せないのだ。こうなったらたまったもんじゃない。

モラルも何もない独裁的な環境で、どう自分を見失わず生き延びていけばいいのか?
そんな事を投げかけているようだったから、このカテゴリに入れて見たぞ。(^O^)v

「トロイの秘宝を追え!」

Der Geheimnsvolle Schatz von Troja 2007年 スペシャルドラマ(Sat.1)


トロイの秘宝を追え! 完全版 [DVD]トロイの秘宝を追え! 完全版 [DVD]
(2008/05/02)
ハイノ・フェルヒ、マルタ・ヨアンナ・フルシンスキ 他

商品詳細を見る


監督 ドロール・ザハヴィ

出演 
ハイノ・フェルヒ
マルタ・ジョアンナ・クルシンスキー 
メラニー・ドゥーテ 
マティアス・ケーベルリン
ロルフ・カニエス

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
Tile1 ホメロスの黄金伝説
1868年、ベルリン。
考古学者のハイリヒ・シュリーマンは、トロイ戦争があった事を証明しようと、トルコへ旅立った。
彼は途中のギリシャで妻ソフィアを迎え、現地に到着した彼は、妻と共に、書物をから場所を特定し、掘り始めるのだった。
その土地の住人に嫌がらせを受けながらもどうにか順調に発掘作業は進める、ハイリヒ。
そして、この場所にトロイの秘宝が眠っていると確信するのだった。
Tile2 ヒッサリクの奇蹟
ハイリヒは、ドイツに居る同じ学者のノイマンの嫌がらせにどうにか対応しながら、発掘作業を進めていた。
そんな中、彼の唯一の心の支えだった娘が亡くなったとの知らせが入ると同時に、現場は雨気に入り、作業の中断を余儀なくされる。
再開するも束の間、病気がまんえいし、作業員が次々と倒れていくのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
この秘宝を発見するまでの、一人の男のロマンを描いている。
あちこち、トレジャーハンターのように飛び回らないので、このカテゴリにいれてみた。

注目すべきは、ハイリヒ(ハイノ・フェルヒ)の熱意だ。どんな事があろうとも諦めない姿。
素晴しいです。(^O^)v

「アバランチ・クラッシュ」

Die Lawine  2007年 スペシャルドラマ


アバランチ・クラッシュ [DVD]アバランチ・クラッシュ [DVD]
(2009/01/23)
不明

商品詳細を見る



監督 トーマス・クロンターラ-

出演 
シュテファン・ルカ 
ムリエル・バウマイスター 
ハイオ・ファン・シュッテン

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
スキーの世界チャンピオンにもなった事がある、トーマス・リーザは、久々に故郷の村へ帰る途中だった。現在降り続ける雪のお陰で村へ行く一本道は封鎖されていたのだ。
そこへ偶然にもその地へ行くという車に乗せてもらいなんとか到着した、トーマス。
友人や兄ヴィンが快く迎える中で、ロバートだけには素っ気ない態度をとられた。さらに、別居中の妻アリスにも冷たくあしらわれてしまう。
そんな中、降り積もった雪がいつ何時雪崩として村を襲ってくるか危険な状態に陥るのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
故郷の人々とのいざこざをどう修復するか?みたいな人間ドラマが主だった気がするこの作品。
雪崩からの脱出は、最後の最後までお預け。( ̄。 ̄;)

注目すべきは、ラスト。
ドイツらしく、ハッピーには終わらなかったのだ。
分かってはいるが、辛かったなあ。(>_<)

「幸せのショコラ」

Wie angelt man sich seine Cfefin 2007年 スペシャルドラマ(Sat.1)


幸せのショコラ [DVD]幸せのショコラ [DVD]
(2008/04/23)
ソフィー・スキュート、ドミニク・ラーケ 他

商品詳細を見る



監督 ゾフィー・アレット=コッホ

出演 
ゾフィー・シュート
ドミニク・ラーケ 
チャーリー・ヒュブナー 
レナート・ガイスラー

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ピットは今日こそ長年勤めてきたこの老舗のチョコレート会社、マイネンの社長になれると張り切って出勤した。だが、外部からきた見知らぬ女性カタリーナが社長だと紹介される。
またもや、副社長の彼。
そして、彼女が会社の売上げを伸ばそうと新製品の開発に挑んだとき、彼女のやり方が気にくわないピットは、邪魔をし意地悪をし、挙句の果てには仲間と共に解雇されてしまうのだった。
彼らを解雇した、カタリーナだったが、後に彼女がこの会社に送られた本当の意味を知り愕然とする。そして、新たにチョコレート会社を設立する為に解雇した面々に声を掛けるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
おいしいチョコの話と思いきや、ある物を売買する話が盛り込まれなかなか面白いお話しだった。
エリート女性がこれでいいのか?と人生に悩むシーンもあるので、このカテゴリに入れてみたが。

注目すべきは、カタリーナとピットの喧嘩シーン。
いや~そんな所でやっていいの?みたいな所でやるので、気になる方はどうぞ。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。