スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「コアラのいたずらキッチン」

Ein Koala-Bär allein zu Haus  2008年 スペシャルドラマ(Sat.1)

コアラの幸せキッチン

監督 ウヴェ・ヤンソン

出演 
ヤン・ヨーゼフ・リーファ-ス 
アンナ・ロース 
モリッソ・マック 
ギュンター・マリア・ハルマ-

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
オーストラリア、ハリスヴィル。
コアラのクーパーと祖父と暮らしているニックは、トラック運転手のケイトが来るのを楽しみにしていた。友人のケイトは祖父のお気に入りで、3人で食事をするのが彼の楽しみだった。
ニックの母親は2年前に他界。祖父も高齢でこのままでは育てられないと祖父はケイトに、ドイツに住む父親の元へ彼を連れて行って欲しいと頼む。
一方、ドイツ、ザルツブルク。
レストランを父親と経営しているコックのトーマスは、今日もレシピを参考に伝統的な料理の制作に励んでいた。
そんな時、彼に電話がかかってきた。息子が来るというのだ。
産まれて初めて会う息子に戸惑いながらもどうにか受け入れるトーマス。
ケイトは自分が帰国するまでに、ニックとトーマスが上手くいくようアドバイスするのだが・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
こちらもファミリー向けの同じ局のドラマ。

注目すべきは、コアラ。
温かい所から、あんな寒いドイツに?と思ったら、そこはそれなりに作られていた。
う~ん、微妙だったんだよねえ。σ(^◇^;)

しかし、最後にほんわかする作品。
汚れた心には、時にはこういう純粋なものも必要だな。うん。(+_+)

「ティムと妖精オキの不思議な地底王国」

Das Wunder von Loch Ness 2008年 スペシャルドラマ(Sat.1)


ティムと妖精オキの不思議な地底王国 [DVD]ティムと妖精オキの不思議な地底王国 [DVD]
(2008/06/04)
ルーカス・シェスト

商品詳細を見る



監督 ミヒャエル・ローヴッツ

出演 
ルーカス・シュスト 
リザ・マルティネク 
ハンス・ウェルナー・メイヤー 
ドルカス・キーファー

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
湖で釣りをしていた男性は、釣り竿が異常なしなりを見せ、水面下に巨大な影が現れるのを見た。
同級生に『理屈メガネヘビ』とからかわれているティムは、ちょっと惚けた感じの祖父と母親アンナとの3人暮らし。
ある日、未確認生物の研究を湖でしているというTVを見た彼は、研究者のエリック博士が、幼い時に亡くなったと聞かされていた父親にそっくりなのに気がつく。
そこでティムは、自分の父親かどうか確かめに、アンナに嘘をつき、彼の研究場所の湖へと向かうのだった

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
同じ局のファミリー向け作品。なので、もしかしたら、親子で家にいる何かの休日なんかに放送しているのかもしれない。

注目すべきは、湖に住む未確認生物の本来の姿。
え?そうなの?と面白かった。

これも、この妖精が微妙・・・。σ(^◇^;)
もうちょっと可愛い感じがいいんだけどなあ。

「オスカー・ワイルドのカンタベリー城と秘密の扉」

Das Gespenst von Canterville 2005年 スペシャルドラマ(Sat.1)


オスカーワイルドのカンタベリー城と秘密の扉 [DVD]オスカーワイルドのカンタベリー城と秘密の扉 [DVD]
(2005/12/02)
アンドレアス・シュミット、マルティン・クルツ 他

商品詳細を見る



監督 イザベル・クレーフェルト

出演 
マルティン・クルツ 
アルミン・ローデ 
クラウス・ベーレント 
アンドレアス・シュミット(声)

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
もうすぐ10歳になるポールは、心配性すぎて他の子供よりもちょっと変わっていた。
セラピーの先生から、この心配性を直すには家族みんなの協力が必要だと母親は忠告される。
しかし、父親は仕事一筋。
だが、それでもと思い、ふと父親が思いついたのは、仕事の打ち合わせでスコットランドにあるカンタベリー城へ行くついでに、そこへ家族も連れて行こうという一石二鳥の作戦だった。
もちろん、家族には仕事という事を内緒で。
カンタベリー城に着いた途端、ポールの心配性が始まった。やっとの思いで城に踏み入れたポール。でも、なんだか変な雰囲気が・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
ファミリー向けドラマ。
スコットランドの城が舞台。ドイツなのに・・・( ̄。 ̄;)

注目すべきは、出てくる幽霊。
怖くもないし、可愛くもないし、ましてや、かっこいい訳でもない。(爆)

ドイツらしいセンスを伺えるのだった。

「U-196」

Himmel über Australien 2006年 ドイツ・オーストラリア スペシャルドラマ(Sat.1)


U-196 [DVD]U-196 [DVD]
(2007/05/04)
マーセル・バルゾッティ

商品詳細を見る




監督 トーステン・シュット

出演 
ゾフィー・シュート 
メラーブ・ニニッゼ 
ユリアン・ヴィゲント 
ロルフ・カニース 

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
前編
水族館で働くエレナは、家の管理人から言われ、屋根裏部屋を片付けていた。すると、古い机の引き出しから、母親宛の手紙を発見する。それは、若かりし頃の母に、亡き父が送ったもののようだった。
エレナは何通かの手紙を読み終えると何故か今も彼が生きているような気がしてならなかった。
そして、彼が住んでいるであろうオーストラリアへ旅立つ。
海岸沿いにある観測所へ来たエレナは、そこで働く若いカイルから、ここの責任者はスティーブンという中年男性だと聞く。
彼女は自分の父親ではないかと心を弾ませるのだが・・・。

後編
海底に沈んでいる潜水艦に猛毒が積まれていた事は確かだった。
その猛毒を引き上げる作業をしようとするエレナ達に対して、実業家の父親を持つカイルは父親に気に入られようと密かに潜水艦を爆破する計画を立てる。だが、逆に自分が爆発に巻き込まれ重傷を追ってしまう。
エレナは、スティーブンから父親だと告白され、最終的に彼女の母親を捨ててしまった結果になった事を侘びられる。
そんな中、ハリケーンが近づく事を知ったエレナ達は再び猛毒を引き上げようと海へ潜る。
だが、カイルの父親がまたもや邪魔をしようとするのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
潜水艦の話かと思いきや、これは親子の絆を取り戻すお話しだった。σ(^◇^;)
潜水艦がキーポイントなので、邦題は嘘ではないが・・・。

注目すべきは、その潜水艦。思わせぶりになかなか登場しないのだ。(爆)

潜水艦の中のアクション大作だと思って借りるのはお止めください。
親子愛&サスペンスだと思って借りて下さい。お願いします。<(_ _)>

「マナツの冒険~黄金の石盤~」

MANATU – Nur die Wahrheit Rettet Dich  2007年 スペシャルドラマ(Sat.1)

マナツの冒険


監督 エッツァルト・オニーケン

出演 
スザンナ・シモン 
マルクス・クヌーフケン 
バスクァーレ・アレアルディ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
南の島に住んでいるマークは、ドイツに住む姉ローラに、誕生日プレゼントとして、楽しいゲームを送った。だが、大自然の中で行うのには適したゲームだったが、都会で行うには危険が伴ったものだった。そんな事とは知らずに初めてしまう、ローラの家族。マークはその事を知り、電話を掛けるが一向に誰も出ない。
仕方なく、ゲームを取り戻そうとドイツへ旅立つのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
微妙な物語。ゲームをしながら、家族の絆を取り戻すという内容だからだ。
すごろくというかなんというか・・・。σ(^◇^;)

注目すべきは、間違えた時の罰ゲーム。
先日ふと日本のTVを見たら、似通ったシーンが使われていた。
あれ?ぱくり?と思ったのは、自分だけだろう。(いや、きっと違うと思うが)
謎解きバトル、TORE!宝探しアドベンチャー by日テレ

それにしても、年頃の子供に一緒にゲームしよう!と言った地点で無理だと思うのは、思春期のこどもを持つ親だけかな?σ(^◇^;)

「ブルーサヴェージ」

Hai-Alarm auf Mallorca 2004 年 スペシャルドラマ(RTL)


ブルーサヴェージ [DVD]ブルーサヴェージ [DVD]
(2006/03/03)
ケイ・スケラ

商品詳細を見る



監督 ヨルゴ・ババヴァッシリュー

制作 ヘルマン・ヨハ

出演 
ラルフ・モーラー 
カーステン・スペングマン 
ユリア・スティンスホフ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
サントロ・グラーベンには悲恋の伝説が残っていた。
結婚を反対された身分違いの男女が嵐の日に海に出たまま帰って来なかったという物語だ。
そして、伝説によると海底に沈んでいるその二人をサメが守っているという。
サメの遺伝子から人間のガンの治療薬が出来ないか研究しているベネット博士は、その伝説の海岸サントロ・グラーベンがある島、マジョリカ島へ降り立った。
そこで出会ったヘリコプターの操縦士スヴェンは数年前に妻を海の事故で失っていた。
ある日、海岸にサメに襲われたような死体がうちあげられる。そして、スヴェンの娘マーヤが出場した水上バイク大会で巨大ザメが目撃された。
あの伝説のサメなのか?それとも・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
Actionconcept社が手がけたスペシャルドラマ。
この会社の作品もいまからよく掲載していくので、覚えておいて欲しい。

アクションシーンを手がける会社で、時折体験ツアーもしているとの事。
詳しくは、下記の会社ホームページを参考に。(ドイツ語と英語で掲載されてます)
http://www.actionconcept.com/site/ 

注目すべきは、そのお得いのアクションシーン。
サメVSヘリなので、お見逃しなく~(^O^)v

「リトル・ウィッチ ビビと魔法のクリスタル」

Bibi Blocksberg  2002年

リトル・ウィッチ

監督 ヘルミーネ・フントゥゲボールト

主演 
シドニー・フォン・クロージック 
カッチャ・リーマン 
コリンナ・ハルフォーフ 
モニカ・ブレイブトロイ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
火事現場で二人を救出した魔女の少女ビビは、魔女の星ブロックベルクにいる、ヴァルプルギア議長よりクリスタル(水晶)を送るので母親と共に来なさいと招待状をもらった。
実は、彼女の母親バルバラも魔女で、さっそく、その場所へ母と共に出かけるのだった。
一方、魔女幹部のラビアは幼いビビがクリスタルをもらう事が気に入らない。
そこで、ビビがクリスタルを渡された瞬間、壊してやった。だが、弁償を申しつけられたラビアは、不本意にも自分のクリスタルをビビに渡す事になってしまった。
その場では渋々したがったラビアだったが、ビビから奪い返えそうと、強引な方法をとるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
子供向けのファンタジー映画。

親子代々の魔女って楽しくないか?

注目すべきは、やはり意地悪役のラビアを演じた、コリンナ・ハルフォーフ。
すっごく素敵で凄く上手な女優さんなのだ。

でも、魔女と水晶って似合いすぎ。
というか、定番なのかな?

「点子ちゃんとアントン」

Punktchen und Anton 2000年


点子ちゃんとアントン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]点子ちゃんとアントン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
(2005/10/21)
エレア・ガイスラー、マックス・フェルダー 他

商品詳細を見る


監督 カロリーヌ・リンク

出演 
エレア・ガイスラー 
マックス・フェルダー 
コリアーネ・ケーラー 
ベンノ・フュアマン 

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
点子ちゃんこと、ルイーゼは、親友のアントンといつも遊んでいた。
しかし、最近のアントンは病気がちな母親に替わりアイス店で働いている為になかなか遊んでくれなかった。
そんなある日。久しぶりにアフリカから帰ってきたルイーゼの母親が自宅でパーティーを開くことになった。
ルイーゼは、アントンを招待し、母親に紹介するが、気にとめてもくれなかった。
そんな中、トイレに行ったアントンは、つい目に入った高級なライターを盗んでしまうのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
原作者エーリッヒ・ケスナー作品の映画化、3本目。
裕福だけど、両親と疎遠のルイーゼと、貧しいけれど両親といつも一緒のアントン。
どっちが子供のためか?
そんな問題を投げかけてくれる作品だった。

仕事も分かるが~という感じ。特にルイーゼの母親がね。( ̄。 ̄;)

注目すべきは、やはり子役。

子を持つ親として、考えさせられる作品ですぞ。

「ふたりのロッテ」

Charlie & Louise - Das doppelte Lottchen 1993年


ふたりのロッテ [DVD]ふたりのロッテ [DVD]
(2007/11/28)
フリッツィ・アイヒホーン、フロリアーネ・アイヒホーン 他

商品詳細を見る


 

監督 ヨゼフ・フィルスマイヤー

主演 
フリッツィ・アイヒホーン 
フロリアーネ・アイヒホーン 
コリンナ・ハルフォーフ 
ハイナー・ラウターバッハ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
スコットランドのグラスゴーで過ごす、サマーキャンプに参加したルイーズは、事ある事にちょっかいを出してくるチャーリーの顔を見てびっくりする。
そして、チャーリーは、ルイーズのパスポートを見て確信する。そう、二人は双子だったのだ。
両親は二人が幼い時に離婚し、互いの存在を知らせずに、育てていたのだった。
キャンプ終了日に互いを入れ替え帰宅する、ルイーズとチャーリー。
広告の仕事をしている母サビーネの上司が作曲家をしている父ウルフの曲を気に入り二人は再会するのだが、それはルイーズとチャーリーが立てた作戦だった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
原作者エーリッヒ・ケスナー作品の映画化、2本目。
実はリメイクというか、アメリカ版が「ファミリー・ゲーム / 双子の天使」(リンジー・ローハンが二役)
この作品の前にアメリカ版の都会派を見てしまったので、いささか田舎臭さを感じてしまった。
ドイツ映画の良さはそこなのだが・・・。(――;)

オリジナルは、それなりにいい感じだったよ。見るタイミングが個人的に悪かっただけだから。

注目すべきは、やはり、双子を演じた、フリッツィ・アイヒホーンとフロリアーネ・アイヒホーン。
二役もいいけど、やっぱりしっくり二人が並ぶのがいいよなあ。

「エーミールと探偵たち」

Emil und die Detektive 2001年


エーミールと探偵たち [DVD]エーミールと探偵たち [DVD]
(2003/12/25)
トビアス・レツラフ、アンニャ・ゾマヴィラ 他

商品詳細を見る


監督 フランツィスカ・ブッフ

主演 
トビアス・レツラフ 
アンニャ・ゾマヴィラ 
ユーゲン・フォーゲン 
マリア・シュラーダー
フロリアン・ルーカス

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
12歳の少年エーミールは、父親と二人暮らし。
失業中の父親は、エーミールの担任の先生の紹介でやっと職を得るが、嬉しさのあまり事故を起こしケガをすると同時に運転免許を取上げられてしまう。
父親のケガが治るまで、先生の妹さんの家に世話になる事になったエーミールは、その家があるベルリンまで行くことになった。
ベルリンは、金さえあれば何でも手に入いる都市だと知っていたエーミールは、今後の父親の為に偽装運転免許書を取ってこようと大切なお金1500マルクを持ち出すのだった。
そして、偶然列車の中で居合わせた男にその話をするとすぐさま免許を手配してくれたのだが。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
原作者エーリッヒ・ケスナー作品の映画化を少しご紹介。
これはその中の1作品。
子供の視点で大人の世界を描いているので、個人的には好きなのだ。
原作は、読んでいないけれでも。

注目すべきは、エーミールからお金を拝借してしまった、吸血鬼風のグルントアイスを演じた、ユーゲン・フォーゲン。
子供にも分りやすい、いかにも悪い人ですの風貌が、すげ~楽しかったのだ。
あとは、やはり、子役達。う~ん、かわいい。

この原作が好きな方は、是非、鑑賞してみて~。

「マーサの幸せレシピ」

Bella Martha 2001年


マーサの幸せレシピ [DVD]マーサの幸せレシピ [DVD]
(2003/05/23)
マルティナ・ゲデック、セルジョ・カステリット 他

商品詳細を見る


 
監督 サンドラ・ネットルベック

出演 
マルティナ・ゲデック 
セルジオ・カステリット 
ウルリク・トムセン

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
仕事一筋のシェフ、マーサ。
カウンセラーに通っているが、それは店長命令にしたがった為だった。
自分は何故に通わなければならないのか理解してなかった。
そんなある日。
姉から娘を連れて遊びに行くという連絡をもらう。しかし、楽しみに待っていた所へ訃報が。
姉は交通事故で亡くなり、娘のリナはひとりぼっちになってしまった。
マーサは、姉の別れた夫でリナの父親でもある男が迎えに来るまで、リナを預かる事にする。
しかし、彼女はマーサに心を開こうとしなかった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
アメリカ版は、アーロン・エッカード出演の「幸せのレシピ」

自分は、このアメリカ版を見てから、こちらを鑑賞したのだ。
どちらもハートフルですっごく素敵な物語。

注目すべきは、マーサ役を演じた、マルティナ・ゲデック。
ドイツ映画には欠かせない女優さんなので、覚えておいて損はないと思う。

ドイツの食事には、あまり興味がなかったが、これだけおいしそうな料理を食べられる国なんだ~とちょっと嬉しくなった。
ビールとソーセージばかりじゃないんだよね。σ(^◇^;)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。